モンパルナス

パリでの最後の晩餐

パリに来ていた私の妹は、今朝、日本に帰って行きました。

彼女、昼寝は毎日してたけど、観光は全くしなかった。Q太郎を学校に迎えに行ったり、O次郎をずっと抱っこしてたり・・・。朝と晩、近くのカフェに行ってカフェオーレを飲んだりして・・・。

東京で仕事が忙しいので、こんな風に息抜き出来て良かったみたいです。

f0035251_0503614.jpg

最後の晩ご飯のリクエストはクレープ。

本当はクレープリーに食べに行ければ良かったのですが、Q太郎パパの仕事が遅くなることが分かって、急遽、家でご飯を食べることに。

Q太郎パパが「出来てるクレープ生地を買ってくるのはどう?」と提案してくれて・・・生地を作るのは時間がかかるけど(ねかせる時間が必要)、出来てるものならQ太郎パパが帰ってからもすぐに作ってもらえる。

それでスーパーに買いに走りました。

その生地を温めながら、ハムとチーズと卵を乗せる。端っこがカリカリして、レストランで食べるのと変わりないです(笑)。

f0035251_0514792.jpg

デザートクレープには、友達から頂いたボルディエ(Bordier)の塩バターキャラメルを塗りました。ボルディエは海藻入りバターで有名ですね。私もお友達に頂いて食べたことありますが、もの凄く美味しいと思った。

キャラメルの方はまだ余ってるので、近いうちにQ太郎のおやつに使いたいと思ってますよ。
by Qtaro-mama | 2010-05-12 05:12 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/13682741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dandanjunjun at 2010-05-12 13:37
クレープ、レストランの写真かと思いましたよ。おいしそう。そば粉で作ってみたことありますが・・・寝かせるんですね。重要なんだ。
Commented by yasasin at 2010-05-12 14:55
妹さん、のんびりできて良かったのではないでしょうか。
私も観光よりも自分のペースで時間を過ごしたいタイプなので気持ちはなんとなく分かりますね。
しかも可愛い甥がふたりもいたら、どうしても一緒に過ごしたくなるんでは?これもまたよく分かりますよ(愛)
Commented by cassidy at 2010-05-12 16:38 x
よく、暮らすように旅をする(憧れます!)と言いますが、妹さんはまさしくそんな旅をなさったようですね!これもひとえにお姉様がパリにいらっしゃるから成せる技ですね(笑)。
(蕎麦粉の?)クレープの皮だけで売っているのですね!?
さすがパリです!
Commented by Qtaro-mama at 2010-05-13 05:30
>dandanjunjunさん
お皿などがクレープ屋さんで使われてるのと同じようなものです。蕎麦粉は日本ので作られましたか?私たちが日本で作るときはこちらの蕎麦粉を持ち込んでます。反対にこちらで日本風のお蕎麦を作るときは、このクレープを作るそば粉で作ってますが、Q太郎パパは微妙に違うと言ってます。
クレープ(ガレット)は寝かせると良いかもしれませんね。
Commented by Qtaro-mama at 2010-05-13 05:34
>yasasinさん
初めから観光ではなく、O次郎との対面を目的としてましたので、願いが叶ったりという感じでしょうか。
甥っ子、姪っ子というのは特別な愛情を感じますよね。
Commented by Qtaro-mama at 2010-05-13 05:49
>cassidyさん
暮らすように旅をする・・・私も憧れます(笑)。好きな国に長期間滞在したいものです。たしかに今回はうちに泊まってもらったし、食事もいつも一緒だったのでほとんどお金は使ってなかったと思いますよ。
クレープの皮だけ売ってる事、私も今まで知りませんでした。味は期待してなかったのですが、蕎麦粉の方(ガレット)は、結構美味しくてビックリしました。でもデザート用の小麦粉のクレープがいまいちで、次回は買うのは控えようと思った次第です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。