モンパルナス

木下恵介「永遠の人」

昨晩見た木下恵介の「永遠の人」が、あまりにも素晴らしかったので、忘れないうちに感想を書いてみたいと思います。

f0035251_518274.jpg

将来を誓い合った恋人がいたのに、別の男と愛のない結婚をさせられる。その事が許せず、その後30年間、夫のことを憎み続ける。

ストーリーがかなりドロドロ。子供たちが遊んでる横で見てたから気が散ってしまったけど、1人で静かに見てたら泣いてたかも。

冒頭が良いなぁ。カラーだったら、どうだったかなぁなんて考えた。阿蘇山の雄大な自然の色をスクリーンで見たかったような気もする。

出演者は皆さん素晴らしかったけど、私はやっぱり仲代達矢かなぁ。最後、今までの思いを述べるところとか、彼の演技にジーンときてしまった。

全編に流れるあの日本語フラメンコ、私は好きです。ストーリーに合ってると思いますよ。

日本映画好きの友達にさっそく薦めたい・・・そんな作品です。
by Qtaro-mama | 2010-04-10 20:28 | 映画 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/13367910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Pan at 2010-04-10 22:30 x
興味あるなぁ。私の白黒日本映画の知識って、昔アメリカの映画館で見た、黒澤監督の「生きる」くらいかなぁ。普遍的な内容で、すごく感動したのを覚えています。時代を感じないテーマというか。今さらながら、白黒時代の映画、見直してみようかな、と思っています。春休みには日本へ里帰りするので、お勧めあったら教えてください。DVD仕入れてこようと思います。納豆もなくなったのですが、パリに帰国したら、また注文させてくださいね。5月になったら、ぜひ水曜ピクニックしましょう!それと、先日の記事のO次郎くん、Tシャツさっそく着てもらって嬉しいです。似合ってる!うちの子らは1歳までにどちらもおしゃぶりは卒業しました。長女は、きりんのソフィーが好きでしゃぶっていた時期もあるのですが、次女は最初の時期を少し過ぎて与えたら、全く興味なし。子供もそれぞれですよね。
Commented by Qtaro-mama at 2010-04-11 06:20
>Panさん
黒澤明も小津なんかもカラー作品っていうのはとても少ないですよ。そういう時代だったんですよね。
日本ってDVDがまだまだ高いなぁと思います。こういった古い日本映画でこちらで売られてるものだったら、フランスで買うのも良いと思いますよ(日本語で見れますので)。
納豆もいつでも言って下さい。私もしょっちゅう頼んでますので。水曜に渡せるような感じにするのが良いかな。
Tシャツはこちらこそありがとうございました。男の子らしいデザインで私がとても気に入ってます。
Commented by dandanjunjun at 2010-04-12 11:33
これは是非観たいですね。「飢餓海峡」も良かったです。左幸子の哀れでかわいい女が見事でしたし、三國連太郎も怯える表情が良かったです。バウムクーヘンって、なんだか最近日本で人気ですよね。私は色々食べたことないけど、「ユーハイム」のは大好きです。
Commented by Qtaro-mama at 2010-04-13 01:34
>dandanjunjunさん
飢餓海峡も見ましたが、こちらに心奪われて、先に書いてしまいました。九州でフラメンコですので是非見てください!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。