モンパルナス

工藤栄一のBoxセット

先週、図書館から借りて来た工藤栄一のBoxセット。入っていたのは「十三人の刺客」「大殺陣」「十一人の侍」の3作品ですが、全てに共通して感じたのが脚本の弱さ。戦いのシーンが異常に長いというのも気になった。

「十三人の刺客」、「十一人の侍」・・・共に人数が多過ぎ。


f0035251_5351969.jpg

Pepi, Luci, Bom et autres filles du quartier
監督:ペドロ・アルモドバル

アルモドバルの長編第一作。彼の初期の作品には好きなものが多いけど、これはちょっと訳分からず。最近のアルモドバル作品と比べて、あぁ、彼も成長したなぁと感じずにいられないけど、考えてみるとこれなんか30年前の作品。若い・・・若過ぎる。

昨日あらたに借りて来たDVDは、内田吐夢の「飢餓海峡」、黒澤明の「酔いどれ天使」、そして木下恵介の「永遠の人」。

木下恵介のこの作品は未見。今回は3本ともかなり楽しみ。
by Qtaro-mama | 2010-04-07 18:10 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/13333800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dandanjunjun at 2010-04-08 10:29
「ペピ・ルシ・ボン」私もDVD持ってます。日本語じゃないので、内容はあまり把握できてないのですが(笑)匂いが、漂い始めているようで(笑)嬉しかったです。「飢餓海峡」は私も今日あたり宅配レンタルから届く予定で、楽しみにしています。
Commented by Qtaro-mama at 2010-04-09 02:00
> dandanjunjunさん
なんか若さ爆発って感じの作品ですよね。たしかに匂ってました。上のポスターなんかも好きです。
このコメントを見たので、「飢餓海峡」から見始めました。良い役者が揃ってますよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。