モンパルナス

小津安二郎 「秋日和」

今週、図書館から借りて来たDVD。

f0035251_421917.jpg

秋日和
監督:小津安二郎

おじ様三人組の会話に笑ってしまった。最近、小津作品を何本か見てるけど、やっぱりカラー作品になってからの方が好きかなぁ。台詞が楽しいです。


バッシング
監督:小林政広

イラクの日本人人質事件の被害者。日本に帰ってからのバッシングをヒントに話しが作られている。

全く好きになれなかった。

フィクションだと言うものの、どうしても事件の女性と重ねてしまう。こんな事言う人いるの?みたいな台詞とか、女性の変な行動が目立つところとか、見ていてちょっとイライラ。


アナタハン
監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ

1953年の作品。出演者は日本人であるのに、英語のナレーションのせいで台詞がほとんど聞こえず、字幕を読もうと思えば画面が白くてかなり見にくい。

途中で挫折しました。

結局この作品は、アナタハン島事件をもとに作られてるらしい。私はアナタハンという島があった事すら知らないから、もちろんそこで起こった事件も知らない。


今日借りて来たDVDはこちら。

ペドロ・アルモドバル 「Pepi, Luci, Bom et autres filles du quartier」
イム・グォンテク 「下流人生 〜愛こそすべて」
工藤栄一のBOXセット3枚組
「十三人の刺客」「大殺陣」「十一人の侍」

工藤栄一の作品、初めてかもしれない。こんなDVDまで図書館にあるなんて、凄い!
by Qtaro-mama | 2010-03-28 07:31 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/13226813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by makikoai2005 at 2010-03-28 12:47
フランスの図書館って、日本の古い映画のDVDがかなり充実しているんですね!さすが、文化を重要視するフランス!はずかしながら、日本に住んでいながらにして、ご紹介されているような作品をほとんど見ていない私…。
Commented by Qtaro-mama at 2010-03-29 06:28
>makikoai2005さん
日本の古い映画がたくさんある=たくさん見られてるという事なのかな?私も以前は洋画系ばかりを見てましたが、ある時から日本映画にはまってしまって・・・見始めると本当に面白いのが分かりますよ。
日本にはTSUTAYAがあるから図書館に行って借りなくても良いですよね。こちらにはレンタルビデオ屋さんがあまりありません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。