モンパルナス

アレックス・チルトンとの出会い

下でリンクしたRolling Stoneサイトには、私の友達もいち早くコメントを載せていますが、他の人のコメントを読んでいても、私が思ってる以上に凄い人だったんだなぁと思わずにいられません。

アレックス・チルトンには海外でお世話になったばかりか、いろいろと大切なことを教えてもらいました。




彼と知り合ったのは、私がニューオリンズに初めて行った時でした。

まだインターネットとか普及してなくて、海外の地方都市にはどういったホテルがあるのか良く分からなかった時代。私の友達が、ニューオリンズに住むという知人にホテルの予約を頼んでくれたのです。

その知人というのがアレックスでした。

私は日本を出発前に、予約したホテルの住所を教えてもらい、1人ニューオリンズへ。

空港に着いてタクシーに乗り込み住所を見せる。そして着いた先は、ホテルではなくグローサリーストア、いわゆる食料品店でした。

私はかなり焦りました。知らない街で1人。ホテルと言われた住所は間違っていて、確認する電話番号すら持っていない。

助けを求めるため、グローサリーストアーに入り事情を話すと、そこがホテルの受付でだという事が分かる。そこでチェックインをして、実際に泊まる部屋はそこからまた車で移動しなければならないとの事。それからお店の人が私を車で連れて行ってくれたのですが、ホテルの部屋というのは、誰かの家の庭を通って、やっと着く場所にありました。

いまだに本当に不思議なのです。

なぜアレックスはあのホテルを選んだのか?記憶が定かじゃないけど、ホテルというよりは、貸し部屋みたいな感じだった気がします。

ホリデイインとか、普通にスタンダードなホテルで良かったのにぃ。

申し訳ないけど、2回目以降のニューオリンズ滞在の時は、アレックスではなく他の人にホテルの予約を頼んでしまいました。

その後も何度かニューオリンズを訪れる機会があって、そのたびにアレックスの家には遊びにいったかな。

ある時、いつもの通りにホテルを予約しようと思ったところ、とにかく満室でどんなに高いホテルでも空きがない事態となりました。それを知ったアレックス、なんと彼の家に泊まることを提案してくれたのです。

もの凄く助かりました。

フェスティバルの時期で、本気でホテルの予約が取れなかったのです。3日間くらいだったでしょうか。お言葉に甘えて泊まらせてもらいましたよ。

その他、彼との思い出で強く残ってるのは、フランスのブルターニュ地方の港町、サン・マロに一緒に行った時のこと。そして来日公演で日本でコンサートをやった時のこと。

これからちょっとずつ書いていきたいと思います。
by Qtaro-mama | 2010-03-20 19:20 | アレックス・チルトン | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/13153222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by シビレコ at 2010-03-21 02:35 x
はじめまして。アレックス・チルトンの訃報にショックを受けているファンです。来日公演ももちろん行って、クアトロの前で友人と作ったファンジンにサインを貰いました。アレックスの音楽は本当に大好きで、来日の際も、アレックス以外のビッグ・スターのメンバーとは打ち上げで話したりもできたのですが(アレックスも誘ってもらったのですが・・・その時間、Q太郎ママさんと占いにいっていたのですね!)、肝心のアレックスがどんな方だったのかほとんど何も聞いたことがないので(どっかの記事に家族がいると書いてありましたが、そんなことも今回初めて知りました)、大変興味深く読ませていただきました。直接の知り合いではないので、なかなか実感がわかないのですが、昨日の朝、出勤途中に歩きながら彼の歌を聴いていたら、涙がこぼれそうになり、空を見上げてしまいました。そろそろ次のアルバムが聴きたいと思っていたのですが・・・。記事の続き、是非お願いします。(失礼極まりない、いまひとつの私のブログですが、アレックスの事、書いてみました)
Commented by Qtaro-mama at 2010-03-21 18:58
>シビレコさん
はじめまして。同じファンとしてコメントを頂けて嬉しいです。
クアトロの来日公演、良かったですよね。その後もソロで来日してくれないかなぁと思ってましたが、結局、叶わずでした。
アレックスには一緒に住んでる家族はいなかったけど、メンフィスにお姉さんなどはいました。来日してた頃に付き合ってたガールフレンドは、私が大ファンのバンドのメンバーで、私はアレックスに会うより、彼女と再会出来るのが楽しみだったりもしました。そんな事もちょっとずつ書いていけたらと思ってます。
私はまだアレックスの音楽が聞けてません。明日くらいから少しずつ聴きなおしていきたいです。
ブログの方、こちらからも遊びにいかせてくださいね。
Commented by naoaoi8 at 2010-03-23 01:05
なかなか面白い出会いですね。グロサリーショップが
ホテルのレセプション、誰もが面を喰らいます。
彼のことは名前は知っていたもの、実際の音楽があまり知らないので(ごめんなさい!)Rollingstoneのサイトも読みました。
彼に影響を与えられたミュージシャンが好きな人だったりすると
ルーツをたどるように気になりますね。
Commented by Qtaro-mama at 2010-03-23 18:05
>naoaoi8さん
英語も苦手な時だったから(今でもだけど)、かなり焦りましたよぉ。
音楽や映画って、ルーツを辿っていくともっと面白いものが見つかったりしますよね。アレックスからはバッハとかモーツアルトなどクラシック音楽の楽しさも教えてもらって、そういう所も感謝してます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。