モンパルナス

チャールズ・チャプリンの独裁者

今週は寒過ぎて図書館に行けなかったので、手持ちのDVDを見ることに。以前に購入してなぜか見てなかった「チャールズ・チャプリンの独裁者」。

f0035251_1946508.jpg

学生の頃は、マルクス・ブラザーズとバスター・キートンに夢中で、実はチャップリンの作品はあまり見てません。

でも若いときにこの作品を見ても凄さが分かったかな?
いろいろな意味で見て良かったし、チャップリンの未見の作品にもこれから注目していきたいと思わされました。



現実から夢の中に突然引き込まれたような気がする不思議なシーン。本当に名場面ですね。繰り返して見てしまいました。

f0035251_22452228.jpg

赤ちゃん教育
監督:ハワード・ホークス

「赤ちゃん教育」という題名から、こんな楽しい話しだったとはどうしても想像出来ませんでしたよ。オリジナルタイトルは「Bringing Up Baby」。
by Qtaro-mama | 2010-02-13 22:49 | 映画 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/12847411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ダイアンM at 2010-02-15 00:02 x
 「赤ちゃん教育」、私は6区のアメリカ映画専門のところで見たと思います(名前が出てこないけど)。キャサリン・ヘップバーンが大好きで、彼女の特集ときは通いました。戦前のとても品のいいコメディですよね。
Commented by Qtaro-mama at 2010-02-15 08:15
>ダイアンM さん
こういう作品を映画館のスクリーンで見るというのもまた良いでしょうね。この時代の俳優の顔を名前がいまいち一致しなくて・・・それでもケイリー・グラントは分かりました。
品の良いコメディ・・・まさにその通りですね。
Commented by dandanjunjun at 2010-02-15 10:41
そろそろ私もチャップリンデビューしたいと思ってます(笑)なかなか手が伸びなかったけど、そろそろ良い頃のはず。
Commented by Qtaro-mama at 2010-02-15 20:38
>dandanjunjunさん
なんとなく見逃してる分野ってありますよね(笑)。
チャップリンの作品、名作はいくつかあるけど、この独裁者、デビューには良いと思いますよ。
Commented by naoaoi8 at 2010-02-18 07:23
チャップリンのスピーチシーンは中3か高1の英語の教科書にありました。印象深いシーンです。「街の灯」とか「黄金狂時代」はテレビでもやっていたので子供のころ家族で見ていましたよ。素直に楽しめて好きです。
Commented by Qtaro-mama at 2010-02-18 19:35
>naoaoi8さん
英語の教科書にあったなんて凄い!たしかにあのスピーチシーンも名場面。
チャップリンはちょこちょこっとテレビで見る機会も多いよね。「街の灯」とかもまた改めて見たいなぁ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。