モンパルナス

La Patisserie des Rêvesのクイニーアマン

今日はショックなことが2つ。

1つは、東京に住む妹から「今日、クリスマスカード届いたよ、ありがとう」と言われたこと。

「えぇっ?」とビックリ。「船便で送ったの?」とまで言われた。

去年のクリスマス前、きちんと他のカード同様、航空便で送りましたよ。一体、地球を何周したのでしょ。

私の妹だったから良かったものの、他にも同様に今頃届いてる人がいたらちょっとイヤだなぁ。

もう1つショックだったのは、Supernanny(スーパーナニー)ことCathy Sarraiさん死亡のニュース。「Supernanny」とはフランスのテレビ番組タイトル。子供のしつけに困ってる家庭にスーパーナニーがお邪魔して、親、子供ともに問題を解決していく。元々はイギリスの人気番組だったらしい。

いつもじゃないけど、テレビを付けてやってれば興味深く見せてもらってた。言ってること、やってる事がしっかりしていて、子供を育てていくうえでフムフムと頷けるような事がいっぱい。うちも応募して、Q太郎をしつけ直してもらいたいくらいに思っていたところ。

f0035251_5314215.jpg

そのフランス版スーパーナニーをやっていたCathy Sarraiさん、絶対病気とかかからなそうだったのにぃ。ガンには勝てなかったかぁ。享年47歳、まだまだ活躍してほしかった。

f0035251_5365054.jpg

今日の午後はボンマルシェ方面へO次郎と散歩。前から気になっていたケーキ屋さん(パティスリー?)「La Patisserie des Rêves」に寄る。

時間は午後3時。ケーキ系を買いたかったけど、1人用のが見当たらない。すでに売り切れ?

他に並んでるのは、パンのようなものばかり。消去法でとりあえず写真のクイニーアマンを買ってみる。

甘過ぎるのは嫌だなぁと思ってたけど・・・思ったより軽めで美味しい。あまりお腹がすいてなかったけど、これなら2つ位食べれそう。

ディスプレイも面白いお店です。
by Qtaro-mama | 2010-01-22 07:05 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(23)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/12703824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ダイアンM at 2010-01-22 09:14 x
 Q太郎ママさん
郵便物ってときどきこういうことありますよね。
スーパーナニーは、私もフランスにいたとき、時々見ていました。そのナニーさん、亡くなったんですか。若いだけに、病気の進行も早かったのかな。ショックですね。
Commented by まりもん at 2010-01-22 15:46 x
スーパーナニー亡くなったんですか!タイトルも確かスーパーナニーでした。ちょっとメアリーポピンズっぽいんですよね。ショックです。アメリカでもやっていて、よく見てました。ほんとに家にも来てもらおうかと思ったもんです。
Commented by Parisienne at 2010-01-22 17:05 x
お久しぶりです。帰国して3カ月と少し経ちました。
たまにお邪魔して、Q太郎くん&O次郎くん兄弟の笑顔に癒されています。
今日はスーパーナニーの訃報をここで知り、ただただビックリです。
私も大好きで、よくM6で見ていました。
ロメールしかり、立て続けに悲しいニュースですね。
またお邪魔させていただきますね。
Commented by Qtaro-mama at 2010-01-22 23:11
>ダイアンMさん
こんにちは。フランスの郵便って、時々、どうして?と思うようなことが普通に起こりますよね。
スーパーナニー、フランスで見てましたか!病気の進行が早かった・・・それもあるかもしれませんね。こちらの記事を見て、彼女の人生について知りました。いろいろ努力した人だと思います。
http://www.leparisien.fr/loisirs-et-spectacles/la-super-nanny-de-m6-est-morte-20-01-2010-784854.php
Commented by Qtaro-mama at 2010-01-22 23:14
>まりもんさん
アメリカで見られてたのはフランス版でしょうか?イギリス版がオリジナル、あと他の国でも作られてるかもしれません。
家に来てもらいたいと思ってたのは、うちだけじゃないんですね。Youtubeでも番組映像が探せるようなので、過去のをいくつか見てみたいと思ってます。
Commented by Qtaro-mama at 2010-01-22 23:20
>Parisienneさん
こんにちは。もう3ヶ月経ちましたか。春になったら、あの辺に行って桜の写真を撮って来たいと思ってます。
スーパーナニー、見られてたのですね。フランス人の一般家庭の様子が覗けて、子供云々を除いても意外と面白い番組でした。年齢が年齢だけに、このニュースを知ったときは、かなりビックリしましたよ。ロメールも同様です。ロメールの場合、淋しいという感情がすぐに来ました。
Commented by ダイアンM at 2010-01-23 01:21 x
 Q太郎ママさん
 このブログ記事の主題から離れていると思いますが、またスーパーナニーの件です。リベラシオンの記事を読みました。チュニジア出身だったんですね。私とあまり年が変わらないのに、国が違えば、また違う10代を送り、フランスにきて、非常に頑張ったんですね。これから、花開くときだったのに、と思うと、ほんとに残念でなりません。しめっぽくなってごめんなさい。
Commented by Blanca at 2010-01-23 01:27 x
お久しぶりです、Qtaro-mamaさん。テレビはめったに見ないのですが、Supernanny は好きでした。駄目なパパ(特に、子供の前でママを謙遜するようなことを言ったりする人!)にバシバシ批判する彼女に対し、「そうだ!言ってやれ!」といつも応援していました。残念。
Commented by Blanca at 2010-01-23 01:28 x
間違えました、「ママを軽蔑するような」でした。直しかたがわからないのでごめんなさい。
Commented by Qtaro-mama at 2010-01-23 03:04
>ダイアンMさん
そうなんです。彼女が送った10代は、私たちのとはあまりにもかけ離れていて・・・なんとなく読んで欲しくてリンクを貼りました。普段の彼女はあのテレビの中のキャラクターとはまた違った雰囲気の女性だったのでしょうね。残念な気持ち、私も同じです。
Commented by Qtaro-mama at 2010-01-23 03:14
>Blancaさん
こんにちは。
私も同じです。夜9時くらいにテレビを付けて、スーパーナニーがやってれば見るけど、面白いものがないとすぐに消してました。子供の前でママを軽蔑するようなパパいましたか!それはちょっと嫌ですねぇ。その時の見たかったなぁ。Youtubeでいくつか見れるみたいなので、時間がある時にでもまた楽しみたいと思ってます。
Commented by かよ at 2010-01-23 07:33 x
私もっずーっと見てましたイギリスのスーパーナニー。
子供を産む前は「こんな子供が生まれたらどうしよう」なんて思って見てたけど結局は親次第なんだなぁと。
親の子供の接し方によって子供の態度とか変わりますもんね~。

ウチも忘れはしない2歳3ヶ月の時から
悪い事をしたらきっちり説明して警告を出し
次にやったらお仕置きで廊下に座らせてます。
これが効き目バッチリなんですよね~。
そして、もちろんその後ちゃんと誤る事が出来たら
ぎゅー!っとハグです。

もうスーパーナニー様です!

しかし、イギリスのスーパーナニーと雰囲気を似せたんだか何だか
白いシャツにジャケット、メガネまでそっくりです。
Commented by makikoai2005 at 2010-01-23 11:16
私もイギリス版(Jo Frostの)をよく見ていました(DVDも持っています。)。フランス版もあったんですね。
 実際、子どもが赤ちゃんのときは、「こんな風に'naughty corner'に座ってなさいっていうだけで、しつけなんてできるのかなあ。子どもって大人しくそこに座ってるんだろうか・・・。」と半信半疑でしたが、実際に子どもがちょっと大きくなって、これがてきめんなことが分かりました!
 息子の幼稚園でも、同じようなテクニックが使われていて、3回注意されても聞かなかったら'time out'とかってやってるみたいです。
 フランス版、youtubeでみてみようかな、と思いました。
Commented by Qtaro-mama at 2010-01-23 21:05
> かよさん
お子さん生まれる前からこの番組ご存知だったのですね。
うちは自分の部屋で反省するように促しますが、もうそれすら拒否します。こういうのは小さい頃からやらなければダメですね。
この番組を以前から見てたというのは羨ましいことです。
ルックスや番組のスタイルが同じなのは、クイズミリオネアも同じかな。番組の版権を買う場合はいろいろ規定があるのでしょうね。
私もイギリス版スーパーナニーを見てみたくなりました。
Commented by Qtaro-mama at 2010-01-23 21:12
>makikoai2005さん
イギリス版、DVDまで出てるのですか!人気番組なのですね。フランス版もありますが、他の国でも作られてそうですよね。
Q太郎の幼稚園でもコーナーに行く罰はあります。うちでは同じような方法は取ってなくて、ちょっとしつけには失敗したと感じてるところです。
私もイギリス版をYoutubeで探してみますね。
一応、フランス版アドレスです。
http://www.youtube.com/watch?v=yVurRwnq7Q4
Commented by まりもん at 2010-01-23 21:23 x
車のナンバープレートから察するにイギリス版だったような。。。フランスでも放映されていたとは知らなかったのですが(なんかうれしい)、彼女のスーパーぶりは地球規模ですね。本当に残念です。

郵便は、アメリカからのクリスマスカードが日本へ届くのに1ヶ月かかったり、半年もしてから宛所不明で日本から戻ったり、日本では住所も宛名もあってるのに相手に戻されたり、届かないでどこかに行ってしまったり、なんだかこうなってくると、郵便が届くってあたりまえのことがすごいことに感じてきます。去年アメリカでは、日本から速達が届いてるんだけど忙しくて配達できないから郵便局に取りに来いと電話がありました。びっくりでした。でも、やめて~ということも多々ある一方で、番地が違ってるのにちゃんと届いたり、ありがとう、ってこともあります。
Commented by かよ at 2010-01-24 06:35 x
ごめんなさ~い!
ちょっと不安になったので調べてみたらウチの子達が産まれてから数ヶ月で「Supernanny」は始まってました~!
はい。失礼しました!苦笑
どちらにしろJoJo(彼女が子供達に呼ばせている愛称)が私達の育児のガイドラインを引いてくれたのは確かです。
…って考えるとフランスのママさん達、このニュースはショックだったと思います。。。
Commented by Qtaro-mama at 2010-01-24 07:15
>まりもんさん
逆にアメリカ版というのは作られてないのでしょうか?日本版はどうでしょうね?作るの難しいかなぁ?
そちらも郵便事情に関しては大体同じような感じでしょうかね。郵便局に取りに来いはビックリです。うちは最近、1人だけ丁寧に配達してくれる人がいて・・・次に来たら、チップを渡そうかぁとQ太郎パパと話してます。
Commented by Qtaro-mama at 2010-01-24 17:59
>かよさん
とにかくお子さんたちが小さい頃から、この番組を見始めたということはラッキーなことですよ。そして番組内容を実行してる!そしてそれが成功してるというのは凄いです。イギリス版はJojoというのですね。
来週、また放送(再放送かな?)がありますが、番組内容が「子供たちの父親がスーパーナニーの意見に同意しなかった時・・・」というような感じで、父親とスーパーナニーが対立するようです。なんか別な意味で面白そう。
Commented by かよ at 2010-01-24 23:48 x
今、調度こちらでアメリカ版というよりJojoがアメリカの家庭を訪問して「Supernanny in America」をやっています。(デジタルで)
彼女を見ていると子供だけでなく夫婦間の問題をも解決し、その上で子供の育児に取り込んでいき、パパとママの精神的なサポートまでして、もう私も旦那も尊敬、尊敬です。更に仕事としてこなしているだけじゃなく子供達が大好き~!な感じも好感度が高いみたいです。
Commented by Qtaro-mama at 2010-01-25 06:46
>かよさん
アメリカとイギリス、その家のルールみたいなものもちょっとした違いがあるんでしょうね。アメリカ訪問も面白そうですね。
子供たちが大好きな感じがテレビから伝わるなんて、好感度高いですよ。ますますJojoが見たくなって来ました。
Commented by まりもん at 2010-01-28 14:37 x
しつこいですが、思い出したので。。。以前ハワイで撮影されたものを見たことがあります。あと、日本の育児特番みたいな2時間番組で、スーパーナニーのしつけぶりを見たことがあります。それは確かイギリスで撮影されたもののようで、いずれにしても彼女のしつけは私にはロジカルなものに思えたのですけど、日本の視聴者がどう思ったのか参考までに知りたいです。
Commented by Qtaro-mama at 2010-01-28 19:20
>まりもんさん
日本の番組でも紹介されたことあるのですね。
日本の視聴者がどう思ったか・・・多分、皆さん、うらやましがるというか、日本にもsupernannyに来てもらいたいと思ったに違いありません(笑)。
一昨日、こちらのsupernannyの追悼番組が放送されました。それについて後でちょっと感想を書いてみたいと思います。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。