モンパルナス

黒澤明 「乱」

テレビで黒澤明の「乱」を見る。

私は、なんとなくこの作品について誤解していたかも。

なんか冒頭から画面が凄いんですけど・・・

うちの小さなテレビで見たことをすぐに後悔。大きなスクリーンでまずは見ないと映画自体を堪能出来ない。

そして規模の大きさにビックリ。撮影はどの国で行われたかと思えば、日本だった。

黒澤明って、私の中では決してナンバーワンにはなりえないけど、こういう「乱」のような作品を見てしまうと、「世界のクロサワ」と言われる所以が分かるような気がしてしまう。

実は、黒澤作品で意外と好きなのが「わが青春に悔なし」。調べたらこれって1946年の作品だった。戦後こういったものがすぐに作られたというのが驚き。
この作品では、とにかく原節子が感動的です。小津、成瀬の原節子とは違った一面が見れます。
by Qtaro-mama | 2010-01-17 06:05 | 映画 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/12675774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by noa-_-noa at 2010-01-18 20:46
「原節子が感動的」という言葉が気になりました。小津安二郎や成瀬巳喜男の楚々とした上品な感じの原節子しか知らないので、すごくワクワクします。「わが青春に悔いなし」ですね、観てみます。
Commented by Qtaro-mama at 2010-01-19 01:19
>noa-_-noaさん
言われないと、この作品が黒澤明が撮ったという事すら忘れてしまうのです。そのくらい原節子が印象的な作品でした。もしかしたら内容的にはそんなに面白いものではないかもしれませんが(かなり昔に見たので忘れてしまいました)、興味があったら見てみて下さいね。
Commented by noa-_-noa at 2010-02-20 21:52
ようやく観ることができました。「我が青春に悔いなし」の幸枝さんこと原節子。後半、姑である杉村春子との野良仕事で見せる原節子の鬼気迫る表情、姿が本当に素晴らしくて当分忘れられそうにありません。内容も結構好きなテーマで、久々に胸が熱くなる映画を見たという印象を受けました。これを機に黒澤明の作品に迫ってみようと思います。素晴らしい作品を紹介して下さり、本当にありがとうございました。
Commented by Qtaro-mama at 2010-02-21 03:01
>noa-_-noaさん
私も記憶が曖昧な状態で書いてしまいましたが・・・こういうコメントを頂けると嬉しいです。
杉村春子が姑役だったということすら忘れてましたが、野良仕事をしてたシーンは覚えてます。感想を読ませて頂いて、私もやはり見直してみたくなりました。図書館を探してみますね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。