モンパルナス

パリの産院での生活、そして母乳育児

出産から1ヶ月以上経ってしまったので、そろそろ入院していた時の事と、簡単に母乳育児について。




個室を希望してたけど、前日が出産ラッシュだったということで埋まってしまい、2人部屋となりました。1日目と3日目にフランス人ママと一緒。特に3日目のママは、産後で体が思うように動かないのに、赤ちゃんが24時間泣いてるような元気な子で(3900gの女の子)、見ていてちょっと可哀想だったなぁ。赤ちゃんが泣いてるのはお互い様なので私は全然気にならなかったけど、いろいろな理由から私はやっぱり個室が良かったなぁと思ったりしました。

産院での1日は、午前中に沐浴があるだけで、あとはこちらが呼ばない限り、誰も来ない。体を休めるためには良かったと思います。

金曜の午後に出産を終えて、退院は月曜の午後。結構短いかな?(アメリカもかなり短いと言いますよね)

普通は5日くらい入院するようで、私ももう1日いるように言われましたが、早く家に帰りたくて帰りたくて・・・。家に子供も待ってるし、体調も良い。これ以上病院にいる理由はあまりないと助産婦さんに訴えたら・・・

「でもあなたは、まだ母乳が出てないわよね」

えっ?

助産婦さんが私の退院を渋ってる理由って、母乳のため?

それだけの理由ならなおさら退院したい。だって病院に長くいたからといって、母乳が早く出るとは思えないし・・・。

日本で出産した病院では、赤ちゃんに授乳する前のおっぱいマッサージから、洗浄綿での消毒まで・・・いろいろな指導がありました。初日か2日目には、哺乳瓶でのミルクの作り方まで教わって、Q太郎パパがさっそく飲ませてたのを覚えてます。

しかし、私が出産したパリの産院は、母乳(おっぱい)に対しては何の指導もありません。多分、こちらが望めば(初めてだったら)飲ませ方などは教えてもらえたと思います。でも授乳の前にマッサージや消毒しなさいみたいな事は一切なかった。

母乳育児に対してどういった方針だったかは結局分からなかったけど、母乳を希望するお母さんに対しては、出産直後からとにかく吸わせる。母乳が出てなくても吸わせる、吸わせる、吸わせる。ミルクをあげる事を渋る助産婦さん、看護婦さんが結構いたように思えます。

そう考えると徹底してたのかなぁ。結局は母乳に力を入れてる病院だったのかもしれません。

私の退院は月曜の朝になっても決まらなかったけど、Q太郎パパには「今日絶対退院するから」と宣言して車で迎えに来てもらい、勝手に身支度を整え、次の日から家に来てもらう助産婦さんの予約も済ませ・・・そんな私を見た助産婦さんは、渋々、午後になって退院許可を出してくれました。

そして退院した直後から母乳は出て来たので、結果良かったです。

これから出産をする方の為に、私の場合をちょっと書いておくと・・・

妊娠中のおっぱいマッサージは一切しませんでした。出産後も何もやってません。それでも母乳は出ました。今回気をつけて実行しているのは、いわゆる頻回授乳。Q太郎の時はミルクと混合だったけど、今回、母乳だけで上手くいってるのはこれが理由かなと自分でも思います。

あと妊娠中の妊娠線のこと。予防にクリーム付けなきゃ付けなきゃと思いながら、毎晩疲れてて、結局、一度も付けることなく終わったのです。最後の方はお腹が本当に重くて、妊娠線なんて出来ても気にしない・・・とヤケになってましたが、結局これも出ませんでした。私の場合、出産を終えてからも「お腹、ほんとうに大きかったよねぇ」と周りの人たちみんなに言われるほどの大きさだったのです。あれって、お腹の皮が伸びることで出来るのかと思ってたけど、違うのでしょうか?不思議ですね。

あと日本では、母乳育児中にのトラブル等があった場合、マッサージをしてくれるような所がありますが、それもこちらにはないような気がします(私が知らないだけかも)。

Q太郎の時は、産院から貰ったノートに授乳回数やオムツを替えた時間などを記入してましたが、今回はそういうのも一切なし。マッサージもなし。そういった「ないない」づくしが産後の生活をより楽にしてるようです。
by Qtaro-mama | 2009-12-11 21:06 | パリで出産 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/12474277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by monastyle at 2009-12-12 02:02
産院でのレポ、とても参考になります!
多分、アメリカは日本よりもフランスの形式に近いようです。ちなみに、入院は二日間。帝王切開でも3~4日と言われています。日本のように、入院中に色々と教えてもらえると助かるのですが、あまり期待できません。妊娠中のおっぱいマッサージも、助産婦さん曰く文化の違いということで、アメリカでは特にしないとのこと。「ないない」づくしが産後の生活を楽にする↑ のなら、それでもいいかな、と思い始めました。
Commented by まきたん at 2009-12-12 06:54 x
お久しぶりです。今回のレポートで去年の出産入院中を思い出しました。うちも初めにミルクか母乳か?と聞かれ、母乳と答えた途端おっぱいを吸わせろ、出せだせ(笑)の一点ばり。初めはやはりミルクまったくもらえませんでした。機械の搾乳機はあてがわれましたがマッサージとかは一切なかったです。(詳しくは聞いてませんがマッサージのようなことをする病院もあるようです)帝王切開のためか2,3日はほとんど出ず子どもの体重も減ってしまい、またよく寝る子だったので授乳の回数も少なく、その記録を見た助産師が授乳をサボっていると思ったのか激怒し自分の誕生日に泣かされ喧嘩までしましたvv
 結局周りのおっぱい出せだせ攻撃と出ないジレンマで疲れきっていたところ優しい看護師さんが一晩娘を預かってくれ、その夜ようやく母乳が出始めほっとしたのですが、ここで出なかったらQtaro-mamaさんと同じく入院の日を延ばされるところでした。
 
 私の時はそういえば帝王切開だったおかげか?個室でのんびりできよかったです。今度はどうかな?やっぱりタイミングもあるだろうけど、2人や3人でってこともあるでしょうね。
 
Commented by Pan at 2009-12-12 07:46 x
母乳って、ストレスで出ないというか、メンタルな部分が多いと思います。私の場合、二人目のせいか自分の母乳パターンも分かってたし、次女もすぐ吸ってくれたので、割とスムーズだったのですが、入院中は母乳なら水をたくさん飲むよう言われ、張って痛いと言えば、水を飲みすぎるな、とだけ言われました。あと、病院側も二人目ということで、基本的なことは知っていると思われたのかな?
産前産後は、特にお母さんが感情的にもなり易いから、病院は個室がいい、早く家に帰りたい気持ち、分かります。病院での夜は、赤ちゃんを預かってくれたりしたのですが、聞かれるまでもなく、預かるならボトル乳。アメリカでは母乳を搾って凍らせて、それを与えてくれてました。
妊娠線、私は一人目のときから、できまくり。婦人科の先生に言われたジェルを二人目妊娠中から、一人目でできていた妊娠線にもつけていたのですが、効果なし。ま気にしてませんが、皮膚が薄くなったせいかかゆくなったのが辛かったです。
Commented by Qtaro-mama at 2009-12-12 22:43
>monastyleさん
日本は入院日数が長いために、産婦人科がいつもいっぱいだと聞いた事あります。多くの妊婦を受け入れるためには、ある程度、日数を短くする必要もあるのかもしれませんね。
出産、子育てに関しては、文化の違いがいろいろな所に見られますね。両国の良い所を選んで、自分の出産が出来れば良いですね。
Commented by Qtaro-mama at 2009-12-12 22:48
>まきたんさん
私が持ってる本には、母乳は「2日目は水玉大が出る程度」と書かれてるのです。初日から出せ出せと言われても出るものではありません。ある助産婦さんに「今まで日本人を何人か見てきたけど、私たちより出るのがちょっと遅いのよ」と言われました。特に意地悪な感じではなく、そういったデータがあるといった感じです。
そして助産婦さん達は言う事がみんな違っていて私も泣きそうに・・・。それが早く退院したかった理由の1つです。喧嘩までしたのですね。それは辛かったでしょうね。フランス人との相部屋というのもある意味つらいですよぉ。
次回も1人部屋でゆったりとした出産を迎えられますように!
Commented by Qtaro-mama at 2009-12-12 22:54
>Panさん
母乳はメンタルな部分がすぐに反映されますよねぇ。家に帰ってきてからもかなり気をつけてます。
病室は、私には個室が合ってたかなぁ。日本だったら相部屋もありかもしれないけど、フランス人だといろいろある。
妊娠線、あれって不思議ですよねぇ。でも子供が無事に生まれてくれるのなら、あんなの気になりませんよねぇ。
妊娠初期に体のカユミに悩まされ、皮膚科も受診しました。妊娠にはいろいろなトラブルがつきものですね。
Commented by 2児の母 at 2009-12-14 10:16 x
母乳で育てていらっしゃるのですね うちも二人ともおっぱいっ子でした 娘は3才直前まで欲しがりましたが、ごくごく自然に卒乳してくれました 授乳の時って心身とも(!)に幸せな時間ですよね 懐かしく、うらやましい気持ちです どうぞ楽しんで下さいね 頻回授乳でも、何かにつけ(外出、旅行など)母乳育児は楽だったような気がしています 寝かしつける時は、下の子に添い寝して授乳しながら、反対側に寝るお兄ちゃんの手をつないで、アクロバティックだったなァと思い返しています うちは一人の時は大きなベッドに川の字で寝ていたのですが、二人になってから夫婦別室にしました ところが、冬になり独り寝の寒さ!から夫が引っ越してきて以来現在に至るまで大小大小に並んで寝ています 欧米の方は親の寝室(ベッド)に子供を入れるのに抵抗を示すと聞いた事があったので、パパさんは本当に子煩悩なのですね! 
Commented by Qtaro-mama at 2009-12-14 21:05
>2児の母さん
母乳にこだわりはなくミルクの準備もしてありますが、今のところは母乳だけで足りてるようです。いつまであげられるかな?
今は4人で寝てるのですね。冬はたしかに暖かそうです。うちは4人で寝るには、マットレス、掛け布団共に小さくて無理ですね(笑)。でも布団を両端から引っ張り合うのが良いのかしら?
添い寝しながらの授乳、とても楽ですよね。寒い冬は特に布団から出たくありません。
Commented by 銀座の美容室からカキコミ at 2011-02-14 16:33 x
私のお気に入りのブログです☆これからも楽しみにしていますね!(^ー^)b
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。