モンパルナス

シモン・アブカリアン 「Pigalle, la nuit」

ドラマってほとんど見ないのですが、今、ちょっとだけ楽しみにしてるフランスの番組があります。

f0035251_5131310.jpg

それがこの「Pigalle, la nuit」

f0035251_5133818.jpg

見始めた理由は、このフランス人俳優が出ているから。

彼の名前はシモン・アブカリアン(Simon Abkarian)。日本では馴染みがないかなぁ。

初めて見たのがどの映画だったかは覚えていないけど、ダニエル・クレイグの「カジノ・ロワイヤル」の中での悪人役は、なかなか強烈な印象だった。あと覚えてないけど、セドリック・クラピッシュの初期の作品にもいくつか出ているみたい。

フランス生まれ。アルメニア人家族の中で育ち、フランス語を学校で習い、アメリカ映画を見ることで英語を覚えていった。9歳までフランスに住み、その後はレバノン、そしてアメリカへ。プロフィールを見て、彼がいくつもの言語を操る訳がようやく分かった。

このドラマ「Pigalle, la nuit」は、もちろんパリの歓楽街ピガールが舞台。まだ3回目くらいなのでどうなるかは分からないけど、彼の演技というか、キャラクターにはちょっとニヤニヤしっぱなしです。
by Qtaro-mama | 2009-12-10 06:38 | 映画 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/12465734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dandanjunjun at 2009-12-10 10:59
この俳優さん知らないけど、ニヤニヤしてしまうドラマ、興味ありますね(笑)ドラマって映画と違って、次の回を待つ楽しみがありますよね。韓国ドラマみたいに100話以上ってのはちょっと困るけど。
Commented by ダイアン at 2009-12-10 12:19 x
 Qtaro-mamaさま
おはようございます。私のダニエルの映画にもこの方は出ていたんですね。シモン・アブカリアン、日本ではまだ周知されてないと思います。ヨーロッパでいろんな国の血を引いている人もおおいけど、あっちこっちを転々と生活している人もたくさんいますよね。そういう人たちが俳優になると、どんな国の映画に出てもぴたっとはまる感じがします。無国籍という感じなのかな。
 私も映画が大好きで、パリにいるころは5、6区の名画座系によくいっていました。
Commented by kimi at 2009-12-10 20:12 x
サリー・ポッター監督の「Yes」(邦題「愛をつづる詩」)に
出ていました。少し翳りがある魅力的な男優ですね。
Commented by Qtaro-mama at 2009-12-10 20:46
>dandanjunjunさん
フランスのテレビって、なぜか分からないけど1回に2話ずつ放映されるのです。それなら初めから長めの1話を作ればいいのにと・・・ちょっと日本人には理解出来ない部分です。
韓国ドラマ、100話以上というのもあるのですか!毎週同じ時間にテレビに向かうのは無理なので、そういうのはDVDとかじゃないと無理ですね。フランスはアメリカのドラマの輸入もとても多いですよ。
Commented by Qtaro-mama at 2009-12-10 21:06
>ダイアンさん
えっ?私のダニエルですよね?(笑)
「カジノロワイヤル」はやっぱりDVDを買ってしまいました。シモン・アブカリアンは海辺で馬に乗っていた女性の夫役でしたよ。
フランスの俳優は本当に奥が深いというか、演技が上手い人たくさんいますよね。そういう人たちがフランス映画を盛り上げてるのかなぁと思います。
モンパルナスにもたくさん映画館があって、普段行くのはその辺ですが、5、6区の名画座系にも作品によってたまに行ってました。古い作品をスクリーンで見れるパリが好きです。
Commented by Qtaro-mama at 2009-12-10 21:40
>kimiさん
サリーポッター監督のその作品、ポスターを見たことあるくらいで、チェックしてませんでした。教えて頂いてありがとうございます。
今、調べたら、サリーポッターの次回作にも出ているようです。「Rage」というタイトルですが、キャストがなかなか面白いと感じましたよ。
Commented by ボンマルシェ at 2009-12-10 23:31 x
先週テレビで「カジノ〜」見ましたよ。
”あれ、この人ってなにかでみたよね?”
”そうそう「24」だー”
と盛り上がってました、時の人です!フランス人だったか。
この俳優さんの名字の”アブカリアン”はアルメニアでは日本の”鈴木さん””佐藤さん”みたいなよーく聞く名字だそう、旦那曰く。
Commented by kimi at 2009-12-10 23:42 x
Qママさん
主演のジョーン・アレンがお気に入りの女優なので
「Yes」を観たのですがいつもの彼女の役どころとは違うものでとても新鮮でした。
「Rage」のキャストを検索してみました。なるほど、渋いというよりもクセのある役者がそろっていて面白そうですね。
Commented by Qtaro-mama at 2009-12-11 21:23
>ボンマルシェさん
そう、テレビでカジノやってましたねぇ。
ところで「24」って何?アメリカのドラマのこと?何か違うものかしら?
アブカリアン、全然覚えられません。良くある名前なんだぁ、全然知らなかった。それを聞いたら頑張ってスペルも覚えてみようという気になりましたぁ。
Commented by Qtaro-mama at 2009-12-11 21:27
> kimiさん
ジョーン・アレン、素敵ですよね。いつも強い女性を演じているイメージがありますが(私が見たのは何だろう?)、恋をしてる彼女も見たい気がします。
「Rage」、おっしゃる通り、クセのある役者さんが揃ってましたよね。キャストの豪華さだけで見たくなる・・・そんな作品です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。