モンパルナス

Q太郎ママの出産レポート(出産当日)

忘れないうちに出産当日のことを書いておきます。




朝方、「パチン」と大きな音がして(風船が割れる感じ)、お腹に痛みが走ったのです。てっきり隣に寝てるQ太郎パパに肘鉄をくわされたのだと思いましたが、スヤスヤ寝ていてそんな素振りはない。

後で考えると、この時、破水したのかもしれません。調べてみると破水する時に音がする場合があるらしいんですよね。でも私は水が出たような感覚はありませんでした。

その後トイレに行くと、少量の出血が。これって「おしるし」かなぁ?と思いネットでちょっと調べてみると、おしるしからすぐに陣痛が来る人もいるし、1週間くらいかかる人もいるという。でもなんだかさっきからお腹が痛いような気がする。

そのうち8時になってQ太郎パパの目覚ましが鳴り出したので、「お腹が痛いんだけど・・・」と言ってみる。この時点で私はまだ陣痛の痛みなのか、ただの腹痛なのか判断出来ていない。でも痛みがいつもと違う気がしたので、とりあえず病院に行ってみることに。

入院準備が完全には出来てなかったので慌ててバタバタ。今考えると、この時、しっかり朝食を食べておけば良かったと反省。私もQ太郎パパも、何も口に入れずに家を出てしまったので、結局、夕飯まで何も食べることが出来ず、私にいたっては出産後、お腹が空き過ぎてめまいを起こすほどでした。

車で病院に向かう途中、すでにかなりの痛みを感じる。病院は車で10分もかからない距離だけど、途中、痛みはもう我慢出来ず、すぐにでも麻酔を打って欲しいと口にする。

病院に着くと、病室ではなくすぐに分娩室に通される。日本だと陣痛室と分娩室が別の所が多いけど、ここは陣痛を待つ間も分娩もずっと同じ部屋で行われました。

多分、この時点で午前10時くらいかな?子宮口の開きは3㎝くらい。私は痛みに弱いので、麻酔科医を呼んですぐに麻酔を打ってもらう。10分後、さっきの痛みが嘘のようになくなった。

無痛分娩万歳!

陣痛の痛み、1回1回は決して我慢出来ないものではありませんでした。我慢出来なくはないけど、快適なものではないですよね。あの痛みをずっと感じてるよりは、取り除いた方がいいな・・・そんな風に思いましたね。

その後は穏やかにQ太郎パパとおしゃべりしたり、休んだり・・・

子宮口が全開になって、いざ産みますよという時になってまた痛みが戻ってきて・・・痛かったら麻酔を足しても良いと言われてたけど、いきむ時は麻酔は効いてない方が良いのかと思い、助産婦さんに聞いたら「こういう時こそ麻酔を足した方が良いですよ」という答え。言われた通りに麻酔を足したら痛みも去って、それで自分も冷静になり、いきみ方も上手くいったのかもしれない。2回目のいきみでO次郎は生まれました。世間的にいう「安産」だったと思います。

日本でQ太郎を出産した時との違いは・・・やっぱり助産婦さんの存在が大きいかなぁ。

病院での定期検診、最後の方は産婦人科医ではなく、助産婦さんへと変わっていったことから予想していた通り、普通の出産にはお医者様は立ち会わないようです。分娩は最初から最後まで助産婦さんだけの手で行われました。日本と違って、こちらの助産婦さんは会陰切開や縫合など医療行為も単独で出来ます。だから問題のない出産には、お医者様は付き添わないようです。

担当してくれた助産婦さんとは面識はなし。20代、もしくは30代前半かなぁ?と思われる若い女性でしたが、テキパキとプロの仕事をしてくれました。彼女のおかげでまさに「最初から最後までリラックスしたお産」が実現したと思ってます。

始終リラックス出来たのは、もちろん麻酔(無痛分娩)のおかげでもありますよね。無痛分娩だった事による産後の回復ぶり、このブログを見てる方はもう皆さんお分かりですよね。

次は入院中の様子について書いてみたいと思います。
by Qtaro-mama | 2009-11-22 17:41 | パリで出産 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/12353290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by makikoai2005 at 2009-11-22 20:28
一挙に読んでしまいました!本当に、出産ってドラマですよね。どんな方に聞いても、新たな面白さとか共感とか感じてしまうのですが、Qtaro-mamaさんの「入院中」編、楽しみにお待ちしています!
Commented by zucchini0315 at 2009-11-22 22:08
パチンという音が凄いですね、確かに音がする話を聞いたことがあります。本当に良い出産をされたんですね〜
入院編楽しみにしてます
Commented by まきたん at 2009-11-23 08:22 x
私の場合、1子目の出産時は40週をすぎて娘がじゅうぶん育っているにもかかわらず、陣痛がおきなかったので促進剤を打っての計画出産になりました。
 結果子宮口が7cm以上開かず、緊急帝王切開になったのですが、その時の助産師さんからDrへの切り替えの早さにはすごいものがありました(おかしいとなってから手術まで30分もかからなかったほど)

自分の時におしるしや破水といった出産前の兆候が全くなかったので、次回はこんな風に産むのかなぁと想像しながら読ませてもらいましたよ。無痛今回も選ぶつもりですが、Qtaro-mamaさんのように安産で産めたらいいなと思ってます。
Commented by Qtaro-mama at 2009-11-23 16:49
>makikoai2005さん
そう、出産ってドラマであると同時に、長時間に及ぶと体力勝負でもあるかなと思ってしまいました。1つとして同じ出産ってないんですよね。入院中のこと、書いてみますね。
Commented by Qtaro-mama at 2009-11-23 16:51
> zucchini0315さん
パチンというか、ポンというか何かがはじけた音が聞こえてびっくりしました。良い出産だったけど、入院中はいろいろな意味でフランス式だったような気がします。今度書きますね。
Commented by Qtaro-mama at 2009-11-23 16:56
>まきたんさん
1人目の時に同じく38週で促進剤を打っての計画出産にしました。だから私も出産前の兆候を全く知らないままの今回のお産だったので、毎日どきどきしましたよ。ちなみに今回は40週過ぎ、自分では41週目の計画出産になるだろうと予測してましたが、その前に陣痛。1人目と2人目は、お産も妊娠中もかなり違かったです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。