モンパルナス

ラシッド・ブシャール 「London River」

今日は予定通り、Q太郎とパパは「カールおじさんの空飛ぶ家」に行くこととなった。でも近所での3D上映は終了していて(普通の上映はある)、諦めるかと思いきや2人でシャンゼリゼの映画館まで行ったらしい。

その間、私は1人で留守番しててもしょうがないので、近所の映画館にこれを見に行きました。

f0035251_021738.jpg

London River
監督:Rachid Bouchareb(ラシッド・ブシャール)

2005年7月7日のロンドンで起こった同時爆発テロ事件以来、自分の娘と連絡が取れない母親と、同じく息子を探している父親が出会う。

9月11日のアメリカ同時多発テロ事件同様、こういった題材は見る人によって様々な思いを抱かせるでしょう。

静かに進むストーリーに物足りなさを感じなくはないけど、父親役のソティギ・クヤテ、母親役のブレンダ・ブレシンの2人はとにかく見事だった。

f0035251_1321761.jpg

ちなみに、監督のラシッド・ブシャールの前作「INDIGENES」は、「デイズ・オブ・グローリー」というタイトルで、劇場公開を飛ばしてDVD発売となってるようです。カンヌ映画祭にて、主役の5人が揃って男優賞を取った作品ですので、興味ある方はレンタルしてみてはいかがでしょうか。
by Qtaro-mama | 2009-10-05 04:23 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/12063331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dandanjunjun at 2009-10-05 12:07
この映画良さそうですね。探してみます。家から5分の映画環境、羨ましいですね。私はどうがんばっても車で15分。がんばって通います(笑)
Commented by Qtaro-mama at 2009-10-05 16:14
> dandanjunjunさん
レンタルだったら見ても損はないと思います。
今の映画環境、特別だと思います(笑)。一番近いところは、チケットを買うのにも機械で10秒くらいで出来てしまうし、並ばなくて良いのでストレスなしです。大体どの作品でも予告が15分から20分くらいはあるので、上映開始時間10分後くらいに家を出てちょうど本編が始まるところなんですよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。