モンパルナス

アン・リー 「テイキング・ウッドストック」

f0035251_328382.jpg

Hotel Woodstock(Taking Woodstock)
監督:アン・リー

1969年に行われたウッドストックの音楽についての映画ではなく、フェスティバルに関わった人たちのストーリーです。だからあの頃の音楽や、演奏シーンなどを期待して見に行くと肩透かしを喰うでしょう。

見た直後の感想としては、「アン・リーは凄いなぁ」という事がやはり一番に来ましたよね。

普通だったら、当時の映像とか演奏シーンなんかをどうしても入れてしまうと思うのですが、そこをあえて見せない編集。私は大好きでした。

それとお母さん役のイメルダ・スタウントン、なかなか面白かったです。
彼女が主演してるマイク・リーの「ヴェラ・ドレイク」、また見たくなりましたよ。
by Qtaro-mama | 2009-09-26 05:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/11999788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。