モンパルナス

クエンティン・タランティーノ 「イングロリアス・バスターズ」

f0035251_4213399.jpg

イングロリアス・バスターズ
監督:クエンティン・タランティーノ

久しぶりの映画で、2時間30分。
寝ちゃったたらどうしようなんて思ったけど、あっという間だった。
(トイレには2回行ったけど)

俳優たちの名演技を眺めてるのが、とにかく心地良い。
特にクリストフ・ヴァルツとダイアン・クルーガー。

ダイアン・クルーガーって、ヴァンサン・ランドンと共演した作品(pour elle)で、きれいな女優さんだなぁと意識したけど、フランス語を自由に操ってたから、まさかドイツ人だとは思ってなくて・・・しかも元夫がギョーム・カネ!

戦争映画だけど、興行的には日本でも成功するんじゃないでしょうか?
吹き替えじゃなくて、是非、オリジナルで見て下さいね。
by Qtaro-mama | 2009-09-04 16:09 | 映画 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/11864931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ワカ at 2009-09-04 22:21 x
これ!かなり話題ですよね、絶対みたい!!!
ブラッド・ピットってあんなスターさんなのに、ちゃんと
おもしろそうな作品選んで仕事してるのがいいですよね。
先日のコーエン兄弟のやつといい。
ダイアン・クルーガー(大安ってでてきた(笑))美しいですよねー。それだけじゃなく、賢そう!というか。私はエド・ハリスのベートーベンの映画で初めてみたかな?いや、何か別の作品でも見てるはずなんだけど思いだせない。。。
Commented by Qtaro-mama at 2009-09-05 02:00
>ワカさん
面白かったですよぉ。普通にお薦めです。
ブラッド・ピットってアンジェリーナ・ジョリーの旦那さまっていう所で既に凄いなぁと思ってしまいます。仕事もしっかりやってますよねぇ。コーエン兄弟のも面白かった!
ベートーベンの映画、未見です。ダイアン・クルーガー、正統派の美人だと思いますが、ドイツ語、フランス語、英語を操って素敵でした。多分、別の作品でも見てるはずですよね。
Commented by goagoa at 2009-09-05 14:14 x
これ、すごく楽しみにしてるんです。でも日本では確か、11月公開。もう少しの辛抱ですね。
Commented by Qtaro-mama at 2009-09-05 18:09
>goagoaさん
おぉ、結構、話題作なのでしょうか?日本ではもう少しの辛抱ですね。是非、見に行って下さい!
Commented by Toto at 2009-09-14 20:12 x
やっと観てきましたよ~タランティーノの映画おたく振りが伝わってきました。すごくセンスいい!目を覆ってしまうシーンがあるかと思えば爆笑シーンありで、そのコンビネーションが絶妙なんですよね。クリストフ・ヴァルツのあのとつとつとしたキャラが映画全体を重くならずに保っているとも思ったし、”バーン・アフター・リーディング”に続いてブラピのお笑い芸人としての素質(?)にも感心。メラニー・ロランの演技力にもただならぬものを感じました。ダニエル・ブリュールはどうしてあんなにフランス語が流暢なのでしょうか?”ジュワイヨ・ノエル””パリで2日間”でもフランス語を話していましたよね。マイク・マイヤーも出てましたね。ウエスタン調の始まりとかとにかく何もかもが手を抜いてないよくできた映画だと思いました。
Commented by Qtaro-mama at 2009-09-14 22:12
>Totoさん
トータルして、かなり楽しめる作品に仕上がってますよね。キャスティングも大成功だと思います。
こちらの俳優さん、何カ国語か出来る人が多いですよね。最近見た中では、やはりセルジ・ロペスがスペイン語圏とフランス語圏の作品でうまく活躍してるなぁと感じました。そういえばクリスティン・スコット・トーマスもそうでしょうか。
あっ、マイク・マイヤーズは、どこに出ているか気づきませんでした。もしかしたらトイレに行ってる間にでも出番が終わってしまったのかしら?冒頭の部分はやはり圧巻でしたね。
Commented by Toto at 2009-09-15 03:51 x
マイク・マイヤーズはGeneral Ed Fenechという役名で出てきました。http://www.imdb.com/media/rm4156721408/nm0000196
他にマギー・チャンが出ていたらしいのですが、東洋人の女性って印象にあります?強いて言えば、メラニー・ロランがカフェにいたら、ダニエル・ブリュールが入ってきたでしょ。あの後に座っていた女性がおぼろげに映っていたのが気になります。もう一回観たい!ウエスタン好きなんですね~、きっと・・・タランティーノって・・・冒頭の部分での俳優さんたちの力量、すごかったです~あれがなかったらあの映画、もっと退屈なものだったに違いない・・・
Commented by Qtaro-mama at 2009-09-15 06:06
>Totoさん
情報ありがとうございます。マイク・マイヤーズの写真見ましたが、このシーン全然覚えてません。最後の方でしょうかね?
マギー・チャンのシーンはカットされたと聞きましたが、やはり出ていたのでしょうか?カフェの場面、後ろに座ってた人は分かりません。
タランティーノはウエスタンばかりでなく、映画を見ること自体が大好きなんでしょうね。
Commented by Toto at 2009-09-15 20:14 x
マイク・マイヤーズのシーンはチャーチルが座っている赤い部屋に行ったところだったと思います。マギー・チャンのシーンはカットされたのですか~?じゃあ、おぼろげに写っていた女性はただのエキストラかもしれません。
Commented by Qtaro-mama at 2009-09-16 01:36
>Totoさん
赤い部屋のシーン、すでに記憶が薄らいでいます。やっぱりもう1度見なければダメでしょうか。
マギー・チャンのシーン、カットされたようなのをどこかで見ましたが、それが本当かどうかは未確認です。
もしもう一度見る機会があったら、カフェのシーン、気をつけて見てみますね。
Commented by Toto at 2009-09-16 03:20 x
赤いシーン、あっという間の2時間半という感じだったので、私も最後の方だったかと聞かれて?でした。確か後半ではあったと思いますが・・・やっぱりもう一度見なきゃかもですね。DVDはきっと買うでしょう。長いのでもう一度観る時間が見つけられないかも・・・残念だけれど・・・
Commented by Qtaro-mama at 2009-09-16 05:40
>Totoさん
DVDを買う予定なのですね。私ももう一度映画館で見る時間はないので、テレビ放映となると思います。いろいろ教えて頂いてありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。