モンパルナス

妊娠7、8ヶ月での飛行機

母子手帳のようなものがないから、自分が何週目なのか良く分かってなかったけど、今ちょっと調べてみたら、今週くらいから9ヶ月に入るみたいで・・・ビックリしてます。

9ヶ月というのは日本式で数えた月数で、フランス式で数えるとちょっと異なり、実は妊娠予定日も違います。まぁ、予定日はあくまでも予定日なので、目安くらいに考えてますが・・・。

今回の日本往復の飛行機についてちょっと書いてみたいと思います。

前回、Q太郎を妊娠中にも日仏間は往復しているので(6ヶ月頃)、特に飛行機に乗ることに対して抵抗はありませんでしたが、やっぱり不安はありました。万が一のことがあったら・・・と色々考えてしまうんですよね。

特に行きの飛行機の中が結構不安で、一睡も出来ず、そのうち体温が上がってきて心臓がバクバクして息苦しさが・・・・。

今回の1ヶ月の滞在中、日本では2回、婦人科で見てもらいました。日本に着いた直後と出発前です。フランスで糖が出ていることを指摘されていたので、血液検査もお願いしました。

毎日のアイスクリームを3日に1度くらいに抑えていたのが効いたのか、糖は出ていませんでした。しかしいつの間にか、貧血になっていたのです。

日本滞在中、結構疲れていることが多く、毎日、昼寝が欠かせませんでした。どうしちゃったんだろうと思ってたけど、貧血と聞いてかなり納得。

そして行きの飛行機の中で、体温が上がり、動悸があってかなり辛かったことをお医者さまに相談しました。出来たら不安を止めるような薬を処方してもらいたかったのです。

そしたら「貧血だから暑くなるんだよ。氷とかガリガリかじりたくならない?」という話し。

もしかして飛行機の中の動悸、息切れは貧血のせい?

そう考えたら気持ちが楽になって、帰りの飛行機ではそういった症状は出ませんでした。何事も気の持ちようですね。

帰りの飛行機では、スクリーン前の広い席をリクエストしました。
普通の席よりは、やっぱりスペースに余裕があったかなぁ。

飛行機に乗るということで、フランスのお医者さまに処方されたのは、医療用の着圧靴下。血栓症を予防する為でしょうか?そして水分を良く取り、ずっと座ってないで時々は歩いて下さいという注意がありました。こういうのは妊婦じゃなくても気をつけておいた方が良いですよね。

妊娠中の経過は個人差が大きいと思いますが、ちなみに私の場合、会った人100%に「お腹大きいね」と言われる大きさです。
by Qtaro-mama | 2009-09-01 21:21 | パリの妊娠生活 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/11846204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yasasin at 2009-09-01 21:45
着圧靴下!!実は友人の勧めで購入を考えて、実家帰省の際にいくつかデパートを物色したんですよね。
結局欲しかったタイプのものが見つからず断念したんですけど。
むくみや張りが軽減される、とフライトには欠かせない一品と友人は申しておりました。
妊娠期間中ってのは通常以上に足がむくんだりと大変なようで。
お近くにマッサージとかってないですか?私は割りとエステ好きな部分があり、日本に帰った際や空港の待ち時間などでよく利用します、マッサージ。
しかし、毎日アイス食べるってのはよっぽどお好きなのかと?(笑)
私も大好きです!(でも買いに行くのが面倒でなかなか食べられませんが)
Commented by Qtaro-mama at 2009-09-02 00:53
>yasasinさん
着圧靴下とかタイツって、OLさんが気軽にはくものから医療用までいろいろあるようですね。医療用だとやはり値段も違いますが圧力も強いようです(笑)。
私もQ太郎パパもマッサージが大好きで、日本はそれを楽しみに行くようなものなのですが、妊婦だと普通のマッサージの所はあまり歓迎されないような雰囲気があるような気がします。今回私が行った所も初めは断られたのですが、「簡単なもので良いので・・・」と言ってお願いしてやってもらいました。夏の帰省で垢擦りをやるのも楽しみにしてるのですが、それが出来なかったのも辛い。来年、2年分の垢を落としてもらおうと思います。
毎日アイスは日本でのことです。コンビニやスーパー、気軽にアイスが買えるところがたくさんあるので本当は毎日2回くらい食べたいくらいですよ。
Commented by zucchini0315 at 2009-09-02 09:00
どきどきしますね。桐島洋子はかれんを船の中で出産したことを思い出しました。そのエピソードに、なぜか憧れていたけど、私は胎盤が子宮口に近かったため妊娠中は何度か入院したり、あまり自由に動けなかったなあ。いやーそれにしても楽しみですね!
Commented by ヤヨイ at 2009-09-02 09:35 x
9ヶ月かぁ!お腹大きいんだろうなぁ。Q太郎君のときくらい??
その後「貧血」はどんな感じ?鉄分を食事でとろうとすると結構大変なんだよね。お薬処方されたのかな??鉄分のお薬って便秘になるからこれまた困るんだけどねぇ。
Commented by kimi at 2009-09-02 18:12 x
無事に帰国されてよかったです♪
男の子かなあ、女の子かなあ~?私までもがなんだか親戚のおばさんのようにとっても楽しみです^^。
Commented by 梨の木 at 2009-09-02 22:25 x
Q太郎ママさん、無事に帰国されて何よりです。パパとQ太郎君のサポートがあるとはいえ、大きなお腹での長時間フライトはやっぱり楽ではありませんよね。
私の場合、妊娠中は乗り物のシートが本当に本当に嫌でしたよ。あの微妙な傾斜と背中のくぼみが苦しいんですよ〜。

貧血には、鉄剤と便秘解消の薬を処方してもらうのも良いかもしれません。いずれにしても季節の変わり目で体調も崩しやすい時期ですから、どうかお大事に。
Commented by Qtaro-mama at 2009-09-03 03:21
>zucchini0315さん
ある程度の船だと、医務室があってお医者さまがいて・・・と想像しますがどうなんでしょうかね。飛行機の中というのは、やっぱり分からないんですよね?昨年乗った際にも「病人が出ましたので、お医者さまがいましたらお願いします」というアナウンスが流れて緊張しました。最近、飛行機は乗れば乗るほど怖いです。
妊娠中、入院までされたのですか。私の場合は、前回かなり早めに子宮口が開いてたので、今回は日本の病院の方で、そちらの方を見てもらいました。開いてたら・・・乗れなかったかも。
Commented by Qtaro-mama at 2009-09-03 03:25
>ヤヨイさん
Q太郎の時も大きかった記憶があるけど、やっぱりそうだったかしら?今回はまさに2人目は大きいに当てはまる感じで、大きかったQ太郎の時以上の大きさです。
貧血の薬は、合わないと気持ちが悪くなるというのを聞いて、ちょっと怖いのよねぇ。1週間分だけ貰ったけど、飛行機に乗る前に気持ちが悪くなるのが嫌で3日で止めてしまった。明日また検診があるので、こちらで相談したいと思ってます。
Commented by Qtaro-mama at 2009-09-03 03:34
>kimiさん
自分でも無事に帰って来れて良かったとしみじみ感じてます。
そろそろ名前を真剣に考える予定です。こちらは生まれた時点で名前が決まってないとダメなようなので・・・。
Commented by Qtaro-mama at 2009-09-03 03:40
> 梨の木さん
荷物は(当然ながら)全てパパとQ太郎に任せてしまいました。長時間フライトは妊婦じゃなくても辛いものですよねぇ。乗り物のシート、私も苦手です。車のシートベルトもやりたくないけど、万が一の事を考えるとやっぱり怖くて、しっかりいつも通りやってしまいます。
貧血の薬、明日の検診で相談してみようと思ってます。便秘の薬、私の場合も一緒に取った方が良いかもしれない。アドバイスありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。