モンパルナス

磨かれた銅鍋と手作り抹茶アイス

f0035251_2152733.jpg

下で紹介した、ブロカントで買った銅鍋(右側)。

f0035251_21101544.jpg

昨日、Q太郎パパが磨いたら、この通り。
輝きの違い、この写真から分かるかな?

f0035251_2112315.jpg

お店で新品を買うと、300ユーロくらいするみたいなのです。
でも私の中では、餃子の茹で鍋として定着しつつあります。

f0035251_21205674.jpg

これは昨日食べたQ太郎パパの抹茶アイス。

手作りアイスって、作ってすぐに食べるのが美味しいと思ってたけど、これは次の日も2日後もそんなに味が変わらないことに気づいた。

3日後はどうなのか?
そんなに残ることはないので、3日後のはまだ試したことありません。
by Qtaro-mama | 2009-07-15 21:26 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/11530602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Parisienne at 2009-07-16 03:03 x
ブロカントで買われた銅鍋、ものすごいピカピカになりましたね。写真でもよーくわかります。もう新品にしか見えないくらいです。
こうやって、物を大事に使うのって素敵ですね。これからますます大活躍しそうですね。
抹茶の手作りアイスもとっても美味しそうです。ご一家の調理道具は、いつも有効に活用されていて、とても勉強になります。
Commented by remisara at 2009-07-16 08:19
すごい!こんなにピカピカになるなんて!銅製だから、酸化してただけなんでしょうか?
大きいお鍋はいいですよね~。大量にスパゲティ茹でたりするのにも使えそうですね。
抹茶のアイスはこっちのお店でまったく見ないんで(日本の物だから仕方ないけど)、食べたくなってしまって目の毒です~。フランス人にも抹茶味って受けそうだと思うのですが。仕方ないので、普通のバニラアイスに抹茶を混ぜてみるとかで代用?してみます。
Commented by まりもん at 2009-07-16 15:28 x
昔、義母にもらった銅のなべを思い出しました。どこに行っちゃったんだろう。ときどきお酢で磨いてたんだけどなあ。
抹茶アイスもおいしそう~。いつもおいしそうなものばかりですねえ。
ブロカント、いいですね。私も似たようなのに出かけては、ゴミを買ってくるなと夫に怒られています。パリのブロカント、楽しそうですね。Qちゃんパパ、なかなか鑑識眼が鋭いんですね。
Commented by Qtaro-mama at 2009-07-16 17:57
>Parisienne さん
写真からピカピカになったの分かってもらえます?こうやって新品同様に生まれ変わって、餃子も大量に茹でてもらって、多分、買われた鍋も幸せだと思います(笑)。
Q太郎パパ、時々、えっ?って思うようなキッチン用品の買い物するのですが、宝の持ち腐れのようなことにならず、きちんと活用するのが凄いと思ってます。

Commented by Qtaro-mama at 2009-07-16 18:01
> remisaraさん
酸化、そして汚れもあったと思います。縦に長い鍋は持ってるのですが、考えてみるとこうやって横に大きな軽めの鍋は持ってなかったのでちょうど良かったです。大量のスパゲティも良いですね。
抹茶のアイス、こちらの本にも時々レシピが載ってたりするのですが、日本のレシピをやはり砂糖の量が違います。ちょっと甘すぎる抹茶アイスも考えものですよね。この抹茶アイスのポイントは(当然かもしれませんが)、美味しい抹茶を使うことです。バニラアイスのちょっとだけ抹茶を振りかけると、お客様に出せますよ。次は胡麻アイス挑戦します!

Commented by Qtaro-mama at 2009-07-16 18:04
>まりもんさん
そういえば銅のお手入れといったら、お酢とかレモンとか言われてますよね。すっかり忘れてました。Q太郎パパは専用の磨き粉のようなものを買って来てましたよ。
ブロカント、お好きなんですね。私もやっぱりゴミ(ごめんなさい)が多いイメージがあって、今まで敬遠してました。こういう出会いがあるとまた覗いてみたくなりますね。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。