モンパルナス

妊娠初期のつわり

昨日、お腹の中の赤ちゃんが男の子だったという夢を見ました。

Q太郎が初めから「弟が良いなぁ」と言い続けていて、私はどちらでも良いのですが、Q太郎の発言をいつも聞いていたら「男の子兄弟も良いなぁ」と思えてきて、せっかくQ太郎が望んでいるのなら男の子だったら嬉しいなぁみたいに思う事はあります。

Q太郎パパもどちらでも嬉しいと言ってる派。女の子を強く望んでるのは周りの家族だけ。一応来週、2回目のエコグラフィがあるので、ようやく性別が分かるかもしれません。

ところで今回の妊娠、初期につわりの時期がありました。こう書くのは、Q太郎の時がほとんどなかったからです。

吐いたりはしなかったけど(体質的に自分はあまり吐けないようです)、毎日毎日、微妙に調子が悪くて・・・食べたいものが自分で分からず、匂いにダメなものが多くなりました。冷蔵庫を開けるのもダメで、水も飲みたくない。これじゃダメだと思って、頑張ってコーラは飲んでました。甘いものもダメだったなぁ。

疲労感と眠気が凄くて、頭もクルクルまわる。つわりはいつかは終わると分かりながらも、終わらなかったらどうしようみたいな恐怖感。

つわりの重さもだいぶ個人差があるようですが、実際なってみて感じたのは、重い軽い関係なく、とにかく「つわり」自体が辛い。そんなに辛い時でも、夕飯の時間になったらきちんとQ太郎にご飯を作ってる自分。母親って強いなぁとつくづく思いましたよ。

その辛い時期に、かなり強力な便秘になったのです(今はおかげさまで治りました)。水分やヨーグルトを取らなきゃダメだと分かっていながらも、うまく取れない。結構辛かったので、産婦人科の検診に行った際(例の全裸になる所)、先生に薬を出してくれるよう頼んだのです。そしたら・・・

「プルーンを食べなさい」

この一言だけ。

食べれるくらいならとっくに食べてるよ!食べれなくて苦しいから頼んでるのに・・・。

もう一度丁寧に頼んでみましたが「プルーンが一番の薬です」と繰り返すだけで、結局、薬は出してもらえませんでした。妊娠初期、ちょっと落ち込んだ一件でした。
by Qtaro-mama | 2009-06-23 16:57 | パリの妊娠生活 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/11372220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yasasin at 2009-06-23 22:49
プルーンを食べなさい、ですね?
なんとなく、プルーンってのにはあるイメージがあり(ミ●プルーンってのあるじゃないですか、あれって一種の宗教団体っぽい感じがするくらい愛好家が多いんですよ、しかも金持ちばかり)何にでも効く特効薬のような感じがします。
気持ち的には薬よりも食物を何とか工夫して食べれることの方が好ましいような気がしますが、、、鼻つまんでもダメ?(ごめんなさい、素人です)
暑くなる季節ですからねぇ、体力つけて乗り切ってください(祈)
Commented by Qtaro-mama at 2009-06-24 01:10
>yasasinさん
はじめ、間違えて書いてました。そうです「食べなさい」です。
ミキプルーン、食べた事ないかも。愛好家が多いのですか!知らなかった。
つわりの時は気持ち悪くて喉に通らない感じでしょうか。もう終わったのでモリモリ食べてます。今日もスタミナ付けて来ました!

Commented by remisara at 2009-06-24 06:50
薬って、やっぱりなんらかしら副作用ありますし、薬に頼らずに食物とかで補うってのは個人的には好きなんですが、食べれないときは辛いですよね・・。
「つわり」って、お母さんの精神面や体調だけでなく、その時の胎児の状態にもよるらしいですよ。つわりの時に食べれるものとか無性に食べたくなる物が生まれた子が好きなものだったりするらしいですし。何か今まで自分の嗜好と違うのが欲しくなったりしませんでしたか?

エコー結果は楽しみですが、全裸で検診、風邪引かないように~!
Commented by ヤヨイ at 2009-06-24 09:58 x
ツワリがずっと続いたら泣いちゃうね(涙)
今はだいぶ食欲も出てきてるみたいだね~。

ワタシも妊婦中は便秘がひどかった~。
漢方でなんとか乗り越えたよ。

『ローズマリーの赤ちゃん』とか観ちゃダメよ!
Commented by Qtaro-mama at 2009-06-24 20:17
> remisaraさん
つわりって、いまだに原因みたいなのが解明されてないみたいで、とても不思議なものだなぁと思います。フランスは日本以上に妊娠中にも服用出来る薬が多いような気がしました。
そして無性に何か食べたくなるというより、甘いものがダメになりました。エコーはまた別の専門の所に行くことになります。前回のエコーの時は、鼻歌を歌いながら診察する人で、かなりビミョーでした(笑)。

Commented by Qtaro-mama at 2009-06-24 20:20
>ヤヨイさん
出産までつわりが続く人の話しなんかを聞くと、もしや私も?と思ってしまいました。今は食べれるようにはなったけど、妊娠前の方が量は食べてたような気がする。なんとなく今は量が思う程食べれません。
妊娠中の便秘は特別な気がする。今は治ったけど、後半またなるんじゃないかとちょっと心配です。「ローズマリー〜」、サントラだけ聴きますね。

Commented by Pan at 2009-06-25 05:51 x
微妙に気分が悪い感じ、よく分かります~。私は、それをかき消すために、何か食べ、下痢気味のほうになりました。水をよく飲むようにも言われてたので、とにかくトイレが近かったのが大変でした。私の婦人科女医先生(も服を脱いでから検診させます。)は、つわり用の薬を処方してくれましたが、飲むほど気分が悪くなることがなかったので、普段は飲みませんでした。でも、中期に飛行機に乗るときは、乗る前に気分が悪くなくても飲むように言われたので、そうしました。後期の産科の先生は、脱がなくても検診してたかなぁ。エコーは少ないかもしれませんが、6ヶ月くらいまで小さい聴診器みたいな感じので、赤ちゃんの鼓動は聞いてくれましたよ。でも、フランスは薬の処方も先生によって、ずいぶん違いますからね。二人目は、お腹がふくらみ始めたら、早く大きくなりますよう!
Commented by Qtaro-mama at 2009-06-25 20:10
>Panさん
一応、我慢出来るんだけど、やっぱり気分が悪い・・・この微妙な感じ、分かってもらえて嬉しいです。つわり用の薬、頼みたいところでしたが、便秘ですでに薬を出してもらえなかったので、多分ダメだろうと思い頼みませんでした。
飛行機に乗る前は、足のむくみ防止でサポーターみたいなのは買っていこうと思ってますが、他に何かあったら聞いてみようと思います。赤ちゃんの鼓動、聞かせてもらってたのですね。本当に先生によって様々です。

Commented by ぺこ at 2009-06-28 22:18 x
ご無沙汰しておりました!年末から年始にかけてのパリ・ウィーン旅行の際は、アドバイスをいただき、ありがとうございました。
今回、久しぶりにブログを拝見して、ご懐妊の記事に出会いました。本当におめでとうございます!
つわりはやはり大変なのですね・・・。
今は召し上がれるようになったとのことですが、秋までの妊婦さんライフ、快適に送られますように!
Commented by Qtaro-mama at 2009-06-29 04:02
> ぺこさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
先週ちょうど滞在されていたホテルの前を2日続けて通りまして、ちょっと思い出していたところでした。
つわりは全然ない人もいますが、今回はちょっと大変でした・・。でも現在は大丈夫です。またパリの美味しいもの紹介しますね。

Commented at 2009-06-29 19:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Qtaro-mama at 2009-06-30 01:10
>鍵コメさん
ありがとうございます。妙だと思われるかもしれないけど、こうやってコメント頂けて私も嬉しいです。
日本にいってらしたんですねぇ。私は銀座で何年間か働いていたので、あそこのデパートは大好きでした。私が日本に行く頃には催し物終わってしまうらしい。恐ろしく残念。
ホッとして体調崩さないで下さいね。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。