モンパルナス

Cécile Telerman 「Quelque chose a te dire」

f0035251_21830100.jpg

Quelque chose a te dire
監督:Cécile Telerman

今日は午前中しか時間がなくて、見に行ける映画といったらこれ位。好きな俳優が何人か出ているけど、作品的にハズレそうというのは感じていて・・・そう分かっているなら見に行かなければ良いのに、家にいる気分でもなかったので、フランス語の勉強だと自分に言い聞かせ行ってしまった。

ちなみにこういう場合は、映画館のパスで見れるものです。お金を払う場合は絶対行きませんよ。

結局はどんな感じだったかというと・・・

テレビ用に作られた映画(ドラマ)を見ているみたい・・・そんな感想を持ちました。

何かある時の音楽がテレビドラマみたいなんです。ストーリーもフランス映画特有の恋愛、不倫、父親との確執、険悪な母娘等々・・・。フランスの伝統なんでしょうか?こういうストーリーって今までにも何度も何度も作られてる気がする。

f0035251_2185122.jpg

by Qtaro-mama | 2009-06-03 03:27 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/11217977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dandanjunjun at 2009-06-03 11:26
この前DVDで観た「マリアージュ」っていうのもそんな感じでした!恋愛、不倫、父親との確執(笑)こういうの多いんですね。
Commented by Qtaro-mama at 2009-06-03 21:17
>dandanjunjunさん
上の映画は、多分「マリアージュ」と主演の女性が同じですよ(笑)。マチルド・セニエです。
フランス、むちゃくちゃこのタイプ多いですね。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。