モンパルナス

サム・ライミ「Drag me to hell」

f0035251_22235288.jpg

Jusqu'en enfer(Drag me to hell)
監督:サム・ライミ

銀行員のChristine、怪しい老婆のローン返済期限の延長を断ったことから恨みを買い、呪いをかけられ、次々と不思議なことが起こる。

見たことをちょっとだけ後悔した。

出産後、カライものとドキドキするものが苦手になったので、怖い映画は避けてたのに・・・こういう内容だと知らずに行ってしまった(泣)。

血が出たり、何かが突然飛び出てくるのはまだ良しとしよう。冒頭から音が異常にデカい。それが最後まで続く。怖がらせるためにわざと?それとも映画館のミス?なんて考えたけど、映画サイトで同じような発言してる人が何人もいたから、やはりどこで見ても音は大きいらしい。

主演はアリソン・ローマン。ポスター見ただけだと、リース・ウィザースプーンかと思ってました。
by Qtaro-mama | 2009-05-28 22:43 | 映画 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/11176610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 梨の木 at 2009-05-30 15:22 x
はじめまして。いつも楽しみに拝見しています。
私も子供が生まれてから”痛い”映像が見られなくなってしまいました。フランスではほとんどテレビを見ていないので気がつかなかったんです。ところが先日「スラムドッグ$ミリオネア」を飛行機内でみようとして、開始直後の拷問シーン(水責め)で堪らずスイッチオフ(涙)。最後まで堪能した夫によると「あんなものは序の口」だったそうで、所詮乗り切れる映画ではなかったようですが・・・。それにしても、ホラーは除くとしても観られる映画が半分以下に減ったんじゃないかと、愕然としました。 
Commented by Qtaro-mama at 2009-05-30 16:04
>梨の木さん
はじめまして。
そうですね。「痛い映画」ありますよね。「スラムドッグミリオネア」が既にダメだと見られるものが本当に少なくなりそうですよね。上の作品は視覚的にはまだ大丈夫でしたが、それに伴う音が大きくて大きくて・・・。
子供が生まれてからは、同様に子供が出てくる作品(同じような年齢だとなおさら)について涙腺がかなり弱くなりました。これも同じでしょうか?

Commented by kimi at 2009-05-30 22:28 x
私も怖いのは基本的にだめです。
最近観た“痛い”映画は「イースタン・プロミス」でした。特に床屋親子が
イスに腰掛けた客の喉を・・・(うわ、ごめんなさい!)
>子供が出てくる作品に涙
私も同じです。男の子が出てくると息子とダブってしまうのですね。
「ぼくセザール10歳半1m39cm」にも最後に泣けました。
また主人公の親の目でストーリーを追っていることもしばしばです。
Commented by Qtaro-mama at 2009-06-01 05:05
> kimiさん
私も視覚的に怖いだけのはOKですが、ドキドキするのがもう耐えられません。「イースタン・プロミス」、最近テレビで放映されていて、Q太郎パパが見てるのをチラチラと見てましたが、確かに痛いシーンがいくつかありましたよね。サウナに入ってるシーンもちょっと目を背けてしまいました。
「ぼくセザール〜」はフランスに住む前に見た作品なので、こちらに住んでる今、もう一度見てみたいと思ってる作品です。男の子が出てる作品を自分の息子とダブらせてしまうって・・・お気持ち凄く分かります!最近のフランス映画で、息子が母親の恋人にやきもちを焼いてるのがありましたが、特に年齢が近かったりすると公正な目で映画が見れなくなります。

Commented by 梨の木 at 2009-06-02 04:04 x
「イースタン・プロミス」は私は止めておいたほうがよさそうですね。
涙腺が刺激されてしまうのも同じです。いつか子供を持つ日がくるのかな~と他人事のように考えていた独身時代には特に感慨もなく観られた映画も、今ではぼろぼろ泣いてしまいますから。完全に親の視点になってるんですよね。自分で意識して変えたわけでもないのに生理的に違う反応をしてしまうって、出産ってすごいターニングポイントだったんですね。
うちも男の子なので「ぼくセザール~」、観てみたいと思います。
Commented by Qtaro-mama at 2009-06-02 16:42
>梨の木さん
そうですね。「スラムドッグ〜」がダメな方だったら「イースタンプロミス」は止めておいた方が無難です。
お子さん、男の子なのですね。もう大きいのかな?確かに出産前と後では、涙腺の刺激のされ方に違いを感じます。でも子供の世界を描いた作品も大好きです。特にフランスの子供達の誕生日会の様子なんかが描かれたりしてると、みんな大人っぽいなぁとか洋服が可愛いなぁとか、別な視点で興味深く見てしまってる自分がいます!

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。