モンパルナス

ケン・ローチ 「Looking for Eric」

f0035251_4365325.jpg

Looking for Eric
監督:ケン・ローチ

マンチェスターの郵便局で働くエリック。過去にいろいろあり、今は義理の息子2人と暮らす。郵便局の同僚はみんなユーモアがある人たちばかりで楽しいけど、エリックは過去を振り返らずにはいられない毎日を過ごしていた。ある晩、彼のアイドルであるサッカー選手のエリック・カントナが自分の部屋にやって来た。カントナはエリックの話しを聞き、いろいろ手助けをするようになる。

イギリスの親父がパブでだらだらとビールを飲みながらテレビでサッカーを見てるような話し、大好きです。至る所にイギリス独特のジョークのようなものが散らばっていて、何度笑ったことか!

ケン・ローチ作品で、今までこんなに笑ってホノボノするようなのあったかな?と思って、フィルモグラフィを見てみたけど見つからない。いつも厳しくて、見た後に考えさせられるような作品が多かった。もしかしてこういうの初めて?

エリック・カントナももちろん良かったですよぉ。気がついた時はすでに映画に出ていて、彼の選手時代の活躍は全く分かりませんが、フランスに住んでいると彼の人気の凄さが分かります。

今朝は近所の映画館の10時半の回に見に行ったのですが、映画館に着いたら小さな紙が貼られていて、そこには「10時半の回にはエリック・カントナの舞台挨拶があります」と書かれている。思わず家までカメラを取りに帰ろうかと思いましたが、それは止めました(笑)。


by Qtaro-mama | 2009-05-28 04:37 | 映画 | Trackback
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/11170638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。