モンパルナス

Q太郎パパのイル・フロッタント

土日は両日、友達を呼んで一緒に食事を楽しみました。

f0035251_15594630.jpg

昨日、Q太郎パパがアペリティフで用意したのが、こんなプレート。実は前日のピクニックの残りもの。レバノン料理のパン(何て言う名前?)を小さめに切ってメッゼと一緒に。意外と食べやすくて私が気に入りました。

f0035251_16305696.jpg

メインにはQ太郎パパのラザニア。

ラザニアは事前に用意しておけるので便利だとは思うのですが、ラザニア生地、ミートソース、ホワイトソース、これを全て手作りとなると、やっぱりかなり時間がかかるんですよね。

でも市販のラザニア生地を使うのとは、味にかなりの差が出るので、もし時間がなければ市販のミートソースを使うなどして(または前日に作る)、出来たらラザニア生地は手作りするのが、個人的にはお薦めです。

f0035251_16291340.jpg

土曜のデザートは、Q太郎のリクエストで「イル・フロッタント」。ちょっと前にフランス人幼稚園の給食で食べて、気に入ったようです。

フランスでは定番デザートですが、「イル・フロッタント、ill flottante」と「ウフ・ア・ラ・ネージュ、oeufs a la neige」の違いがいまいち分かってませんでした。手持ちのレシピ本によると、丸くしたメレンゲを茹でる代わりに、型に入れてオーブンで湯煎焼きしたのがイル・フロッタントと書かれてます。クレーム・アングレーズに浮かべて食べるのはどちらも同じかな。

上の写真はクレームがかかってない状態。この後、人数分に切り分けてクレーム・アングレーズをかけて頂きました。キャラメルというか、中央の飴細工の部分がちょっと苦めで美味。。そしてイル・フロッタントは、クレーム・アングレーズの味で決まるといっても良いでしょうか。このクレームが甘すぎると台無し。Q太郎パパのクレームはちょうど良い甘さで、食事を美味しく締めくくることが出来ました。
by Qtaro-mama | 2009-05-25 17:41 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/11149511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yasasin at 2009-05-25 21:45
いつにも増して手の混んだお持て成し料理ですねぇ、Qパパ。
イル・フロッタント、軽めなデザート、という感じですね。
上にかけられているのはカラメル・ソースでしょうか?
こういうデザートに飢えております(愛)
Commented by けーこ at 2009-05-26 00:34 x
パパのクッキング歴は子供の頃から?男の子のママとして、料理(家事ももちろん!!)のできる子にしたいと思ってる私です! フランスの食育はさすがですね。幼稚園で、こんなおいしそうなデザートがたべられるなんて、いいなぁ〜。子供も赤ちゃん扱いではなく、しっかりと一人前の人として扱われているのが、食べ物を通してもよく分かりますね!誇りがあるって、スバラシイ!!
週末は、我が家も思いがけず、お弁当を持って、公園ランチをしてきました!あり合わせで作ったので、ほとんど具なしのちらし寿司でしたが(笑)


Commented by Qtaro-mama at 2009-05-26 03:05
> yasasinさん
イル・フロッタント、卵白に砂糖だけですから、とても軽めなんですが、レストランによっては一緒に付いてくるクレームアングレーズが甘くて、突然重いデザートとなる場合があります。上にかけられてるのはその通りカラメルソース。結局は、卵、砂糖、牛乳という簡単な材料で出来るデザートという事でしょうか。
Commented by Qtaro-mama at 2009-05-26 03:12
>けーこさん
Q太郎パパは学校が休みの水曜におばあさんの家に預けられていたそうで、そこで料理を教わっていたと言ってました。ちょっと前に紹介したお砂糖のタルトなんかは、まるっきりそのおばあさんのレシピだそうです。
こちらの幼稚園はきちんと前菜、主菜、チーズ、デザートと順番に食べるのがフランスらしいところでしょうか。嫌いなものを無理に食べさせられるような事はなく(野菜、魚を食べないフランス人の子供はとても多いようです)、逆にお代わりもたくさん出来ると聞いています(笑)。
ちらし寿司のピクニック、美味しそう!食べるものは何であれ、家族でお日様の下で食べるというのが美味しいんですよぇ。

Commented by falguiere at 2009-05-26 19:25 x
お久しぶりです。
イルフロッタントとウフアラネージュって、名前が違うだけかと思っていました。が、微妙に違うんですねぇ・・・。今度うちにあるレシピも見てみます。
茹でる方のウフアラネージュは数年に一度、突然食べたくなって作るので、今度その機会が訪れたらイルフロッタントの方を作ってみようかな。
ラザニア、おいしそうですね。
Commented by Qtaro-mama at 2009-05-26 22:29
>falguiereさん
上のように書いては見たものの、フランスでは結局、名前が違うだけで同じもののような気がしてきました。レストランではとちらかというとイルフロッタントですよね。レストランでも作り方は違うのかな?茹でるのと焼いてしまうの、どちらが簡単なのかな?とは思います。キャラメルの部分を型に敷き、その上にメレンゲを乗せて焼きましたが、型から外す時にちょっと崩れてしまいました。多分、日本ではあまり見かけないデザートの一つですよね。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。