モンパルナス

Tatia Rosenthal 「Le sens de la vie pour 9.99$」

先月初めくらいに、日本でも話題の「レッドクリフ」を映画館で見まして・・・。

三国志は読んだことがなかったので、結構ストーリーに興味を持ってたのですが、なんか字幕と映像を追うのが精一杯で、久しぶりに吹き替えで見れば良かったかなぁみたいな感想は持ったのです。

ちょうど日本で「レッドクリフPart II」が公開される時期だったので、漠然と「フランスではPart2はいつの公開になるのかなぁ?」という疑問が頭をかすめました。しかし、しかし、今日知った情報によると、アジア以外の国ではパート1とパート2を合わせて大幅にカットした縮小版で公開されてるようなのです。

私が見たレッドクリフというのは上映時間2時間25分ですから、まるまる1本分、2時間20分くらいのカットということでしょうか。

今日まで知らずに、パート2を楽しみにしていた私って何だろう?


f0035251_3135479.jpg

Le sens de la vie pour 9.99$
監督:Tatia Rosenthal

今日見た映画がこちら。オリジナルタイトルは「$9.99」。イスラエル出身の女性によるストップモーション・アニメです。

人生の意味?私たちの存在理由は?

アニメ自体はそんなに珍しいものではないと思うのですが、ストーリーがかなりシュールで面白かったです。是非、下の予告編でこの監督の世界を体験してみて下さい(英語です)。



by Qtaro-mama | 2009-05-05 04:04 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/10982843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by goagoa at 2009-05-07 14:11 x
カットの量がすごい(笑)私は予告を見過ぎてまだ後編みてないです。つまり「赤壁の戦」はまだ観てない(笑)日本では前編観た人が「長くていいからいっきに観たい」って。でもカットされちゃうと・・・。
Commented by Qtaro-mama at 2009-05-07 15:52
> goagoaさん
「赤壁の戦」って何だろう?って感じです。戦いのシーンが多くて、自分が何を見たか良く思い出せないのですが(笑)、結局、一番印象に残ってるのは中村獅童かも。
多分、DVD完全版などで、長いバージョン、短いバージョンが揃うのかなぁと思ってます。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。