モンパルナス

ベルトラン・タヴェルニエ 「Dans la brume electrique」

f0035251_1658215.jpg
Dans la brume electrique
(In the electlic mist)

監督:ベルトラン・タヴェルニエ


ルイジアナを舞台に、トミー・リー・ジョーンズが殺人事件を解決していくのが主なストーリー。

見どころはいっぱいあるのです。特に私はキャストの部分で、ミュージシャンが何人か出ていたのと、監督役をやってたジョン・セイルズが見れたところなんかが嬉しかった。そして音楽も私の好みで、普通だったら普通にお薦めしたいところなのですが・・・

ストーリーがややこしい。見終わってからも、既に冒頭の部分が霧の中に消えてしまったかのよう。自分が何を見たのかが良く思い出せない。

アメリカでは劇場公開がなく、直接DVDの販売となったそうです。
by Qtaro-mama | 2009-04-17 17:14 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/10832134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まりもん at 2009-04-20 11:26 x
こんなにソソられる作品があるなんて、全然知りませんでした。トミー・リー・ジョーンズのファンなんです。話がややこしくてもいいから(もしかしてそれが監督の狙いなんだろうか?見てないのでわかりませんが。)、ぜひ見てみたいと思います。監督がなぜこの映画を作ったかも知りたいです。教えてくださってありがとう。
Commented by Qtaro-mama at 2009-04-20 22:16
>まりもんさん
たしか監督は原作のファンだったのだと思います。トミー・リー・ジョーンズのファンで、ルイジアナのあの独特の雰囲気が嫌いじゃなければ大丈夫かなぁ?レンタルにあれば良いですね。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。