モンパルナス

ガス・ヴァン・サント 「ミルク」

f0035251_2219232.jpg

ミルク
監督:ガス・ヴァン・サント


ハーヴェイ・ミルクはサンフランシスコで活躍したゲイの活動家。昔、「ハーヴェイ・ミルク」というドキュメンタリー映画もありましたね。このガス・ヴァン・サント版「ミルク」は、彼が40歳になった夜から、暗殺されるまでの8年間を描いています。

作品的には、ショーン・ペンが賞を取った事に注目されてるような気がしますが、ストーリーも興味深かったし、全体的にとても良く出来ていると思いました。お薦めです。

まぁ、この作品を見てつい考えてしまうのは、パリ市長のベルトラン・ドラノエ。彼も自分がゲイだと公言してる政治家の1人。次期大統領選には絡んでくると言われてますよね。個人的には、パリにVelibを導入したドラノエが好き。応援したいと思ってますよ。
by Qtaro-mama | 2009-03-04 22:21 | 映画 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/10488280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dandanjunjun at 2009-03-05 10:56
ショーン・ペンが好きなんですが(笑)アカデミー賞のスピーチも良かったです。早く観たい。日本公開はなんでももう少し早くならないかなー。
Commented by Qtaro-mama at 2009-03-05 17:07
> dandanjunjunさん
ショーン・ペンもブコウスキーが大好きなんですよねぇ。アカデミー賞のスピーチ、思い出せないのですが、こちらではフランス語吹き替えだったので頭に入らなかったのかもしれません。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。