モンパルナス

パリのおやつ「シュケット」

今日はお昼前にQ太郎と映画に行った。終わったら13時だったのでランチをどこかで食べることに。

最近出来たセルフサービス形式のお店に入ってみたけど、並んでた食べ物がどれも冷たそう。結局、いつものケバブ屋さんにてサンドイッチをテイクアウト。

f0035251_22262075.jpg

ポテトもお肉も凄いボリューム。

パリにはたくさんのケバブ屋がありますが、ここのはサンドイッチのパンが美味しいと思う。別に私はケバブのスペシャリストではないけど、同じ通りにいくつかお店がある中でも、やはりここが一番お客さんが入ってる。

今日は、洋服のお直しを頼んでるトルコ人のおじさんが店内で食べてるのを目撃。


f0035251_148580.jpg

夕方また自転車で遊んでからは、初めてのパン屋さんでオヤツを買ってみた。パリのパン屋さんの味、シュケットです。




Q太郎も言ってる通り、中には何も入ってません。美味しいシュークリームを知ってる日本人には物足りない。

どうして何も入ってないの?

大人でも疑問に思います。

普通はグラム売り。私は「6個下さい」と言って買った。1ユーロ20なり。
by Qtaro-mama | 2009-02-20 04:26 | 料理・食べ物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kyutaro999.exblog.jp/tb/10395088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by goagoa at 2009-02-20 13:16 x
Q太郎君の食べ方、かわいい。ちゅんちゅん食べてますね(笑)。皮だけじゃ物足りないかな。私、肉まんのお肉なしみたいな蒸しパンは好きです。佐賀にはそんな感じの中に何も入ってないお饅頭があって。大好きですよ。でも、やっぱりシュークリームにはクリーム重要ですね(笑)
Commented by yasasin at 2009-02-20 16:37
やっぱりトルコ人はケバブなしでは生きられない国民のようで(笑)
本場のトルコのケバブ・サンドは私も好きです、普通のパンよりもピデというナンのようなパン生地のサンドイッチは特に美味しいんですがそちらにもありますかね?

シュークリーム、特に日本の梅屋のシューは絶品ですよね、あぁ、食べたい。http://www.ho-umeya.co.jp/shu/shu-1.html
カスタードクリームがないトルコ、米粉で作ったような偽カスタードが主流なんでいつも自作するんですが。
クリームのない空シューというのは餡子のないモナカのようなものですよね、なんかスッキリしません(違和感)

Commented by Qtaro-mama at 2009-02-20 17:36
>goagoaさん
Q太郎は多分、映像の中では周りの砂糖だけ食べてるようです。蒸しパンみたいなのって、中国の人たちが食べる饅頭でしょうかね?レシピ本に載ってていつも惹かれてるのですがまだ作ったことないのです。
シュケットはシュケットとして食べれば問題ないのですが、毎回どうして?と感じてます。

Commented by Qtaro-mama at 2009-02-20 17:41
> yasasinさん
ケバブ、私も時々食べたくなりますよ。でもちょっと重たく感じることがあるので控えてます。ピデというパン生地ですか。ちょっと見てみますね。
梅屋さんのサイト見てみました。とっても美味しそうです。中のクリームが美味しくなかったら私もかなりガッカリする派です。
アンコのない最中、まさにその通りですよ。

Commented by goagoa at 2009-02-21 15:36 x
そうですね。肉まんの皮部分だから、中国の饅頭かも・・・。材料は似ていると思いますが、酒饅頭ってわかりますか?それの餡子なしっていうか・・・。多久という地名のついた多久饅頭っていうんです。
Commented by Qtaro-mama at 2009-02-21 20:23
>goagoaさん
よく利用してるウー・ウェンさんの小麦粉料理の本に饅頭のレシピが載っていて、作りたいなぁと思いつつ中に何も入ってない饅頭にちゅうちょしてます(笑)。
酒饅頭知ってますよ!いきなり食べたくなりました。子供の頃は苦手だった思い出が・・・。温泉饅頭や酒饅頭みたいなのって、名前を変えて各地方に存在しますよね。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。